最期は自宅でと帰宅していたザ・ザ・ガボール 救急車で病院へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
容態が心配です……。-ザ・ザ・ガボール - Jim Smeal / WireImage / Getty Images

 股関節の手術後、合併症を起こし再入院し、牧師を呼んで心の準備までして退院をしたザ・ザ・ガボールが、救急車で自宅から病院に連れて行かれたという。

 最期は家で迎えたいための帰宅との報道もあったザ・ザは、自宅で療養をしていたが、インフルエンザに似た症状が出たことから救急車が呼ばれ、病院に搬送されたとのこと。TMZ.comによると、サイレンは消した状態だったため、命にかかわるような病状ではなさそうだ。病院に到着後、医師らはザ・ザの容態を安定させたが、現在も検査が行われているとパブリシストはコメントしている。うまくいけば、今晩中には退院の可能性もあるらしい。

 ザ・ザ・ガボールは映画『赤い風車』で知られるハンガリーの大ベテラン女優。また、ホテル王のコンラッド・ヒルトンやオスカー俳優のジョージ・サンダースなどと、9回の結婚歴があり、豪華な毛皮や宝石を身に着けることでも有名。パリス・ヒルトンの大叔母にあたり、今年で93歳になる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]