ジョニー・デップが冤罪を訴えるコンサートに参加!パティ・スミスのギタリストに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョニー・デップ

 俳優のジョニー・デップがアーカンソー州で先週末に開かれた、冤罪(えんざい)を訴えるコンサートで伝説のパンクロッカーのパティ・スミスやロックバンド・パール・ジャムのフロントマンのエディー・ヴェダーとパフォーマンスを行い、駆け付けたファンは興奮に沸いた。

 W.E.N.Nニュースによると、デップはスミスの曲「Dancing Barefoot」にギタリストとして参加し、続いて故ジョージ・ハリソンの息子のダニー・ハリソン、ベン・ハーパー、ディクシー・チックスのボーカル、ナタリー・メインズも参加して「People Have The Power」を演奏し、会場は大いに沸いた。

映画『ドアーズ/まぼろしの世界』場面写真

 今回のコンサートはウエスト・メンフィス3事件の冤罪(えんざい)を訴えるチャリティーコンサート。ウエスト・メンフィス3事件は1993年にアーカンソー州で3人の男児が殺された殺人事件で、3人の男性(当時は全員10代)が有罪判決を受けたが、冤罪(えんざい)との主張も根強く今なお物議を醸している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]