山田孝之も涙!『十三人の刺客』に拍手鳴りやまず主催者が静止!

第67回ヴェネチア国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(左から)ジェレミー・トーマス、山田孝之、三池崇史監督、役所広司。第67回ヴェネチア国際映画祭にて - Photo:Harumi Nakayama

 第67回ヴェネチア国際映画祭で現地時間9日深夜、三池崇史監督の映画『十三人の刺客』(9月25日公開)と『ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲』が連続で上映されて熱狂的な三池ファンが映画祭会場に集結。10日朝3時近くまで、映画祭は三池ナイトで盛り上がった。最初に上映されたコンペティション作品『十三人の刺客』の上映前から、会場は異様な熱気に包まれていた。満員御礼となった場内にまず、三池ファンとしても知られるコンペ部門の審査委員長クエンティン・タランティーノ監督が入ると、ヤンヤの喝采。続いて三池監督が、主演の役所広司山田孝之、プロデューサーのジェレミー・トーマスと共に現れると、タランティーノ監督も観客と一緒になって立ち上がり拍手で彼らを迎えた。

映画『十三人の刺客』写真ギャラリー

 その興奮は映画が始まっても変わらず。幕府の命令を受けて明石藩の暴君を暗殺することになった13人の刺客たちが、圧倒的な数を相手にあるときは弓で、またあるときは華麗な“二丁刀使い”で、またあるときは石という泥臭い武器を駆使して死闘を繰り広げる姿に、場内からは拍手と雄叫びと、そして時折笑いに包まれた。そしてエンディングロールに入り場内が明るくなると、拍手が鳴りやまない。次の上映のことを考慮した映画祭関係者に静止されるまで、約7分間もスタンディング・オベーションが続いた。その声に応えて笑顔で手を振る三池監督と役所に対し、山田は瞳を潤ませながら会場の雰囲気に酔いしれていた。

[PR]

 上映後、三池監督は「今まで何度がヴェネチアに参加しているけど、一番反応が良かったかも。お客さんが楽しんで見てくれたのが何より」と頬を緩ませた。続いて役所も「(映画を見ながら)反応があったり、拍手があって、子供の頃に満員の映画館で大人たちが手を叩きながら見ていたのを思い出しましたね。改めて、映画の楽しさを教えて頂きました」としみじみ語った。そして山田は、目を赤くしていたことを「映画を見ていたから(赤くなった)」と言い訳しつつ、「またヴェネチアに来られるように(仕事を)頑張りたい」と気を引き締めていた。

 受賞結果は11日に発表。三池監督は映画祭会場でタランティーノ監督とよく擦れ違うそうだが、三池監督の映画『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』にタランティーノ監督が出演するなどお互い良く知る間柄だけに「(会うと)ちょっと気まずいですね(苦笑)。でも、彼は映画を観ることにかけては、世界で指折りの観客の1人だから、自分が楽しんだかどうかが審査の基準になるのでは」と冷静に語った。

 引き続き三池監督は休む間もなく、『ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲』の上映会場に駆け付けた。観客の「ゼブラーマン!ゼブラーマン!」のシュプレヒコールを浴びながら、三池監督は馬のお面を被って颯爽(さっそう)と登場。観客は、脚本家の宮藤官九郎が繰り出すシュールな笑いに大爆笑しながら、すっかりゼブラーマンの世界に魅了されている様子だった。(取材・文:中山治美)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]