ウディ・アレンの新作に出演したフランス大統領夫人カーラ・ブルーニのシーンを、すべて別の女優で撮り直し?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
カーラ・ブルーニフランス大統領夫人 - Anwar Hussein / WireImage / Getty Images

 ウディ・アレンの新作『ミッドナイト・イン・パリス / Midnight in Paris』(原題)に出演したフランス大統領夫人カーラ・ブルーニのシーンを、すべて別の女優で撮り直していることがMovieweb.comによって明らかになった。

 これは今年の7月、同作にカメオ出演したカーラ・ブルーニは、パン屋に台詞なしで出入りするシーンや、小さなブーケを真剣な眼差しで運んでいるシーンなどを撮影したが、その彼女が出演したシーンを映画『ロビン・フッド』、『イングロリアス・バスターズ』に出演していたフランス女優レア・セドゥーが代役ではなく、あくまでフランス大統領夫人という地位を懸念して、何らかの理由で撮影したシーンを公開できなくなった時のために、新たに再撮影する決断をしたようだ。

 この作品は、来年のカンヌ国際映画祭でプレミアされることになっているが、今のところはどちらを使うことになるか、当日になるまでわからないと同作の広報がコメントを残している。

 ただ、これまで現大統領夫人が映画に出演することが異例だったために、全てのシーンを使用できるのなら、そうしてもらいたいものだ。共演者には、オーウェン・ウィルソンエイドリアン・ブロディレイチェル・マクアダムスマリオン・コティヤールキャシー・ベイツ等など豪華なキャストが参加している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]