ダニー・ボイル監督の最新作、衝撃的なシーンに気を失う観客も!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
一体どんな作品なのでしょうか……。-ダニー・ボイル監督

 トロント国際映画祭でお披露目された、ダニー・ボイル監督の映画『127アワーズ / 127 Hours』(原題)で、その衝撃的な内容から観客が気を失ったり、発作を起こす事態となった。

ダニー・ボイル監督映画『スラムドッグ$ミリオネア』写真ギャラリー

 この作品は、アメリカ人登山家のアーロン・ラルストンが2003年にユタ州のブルー・ジョン・キャニオンを登っている際に起きた実際の事故を元にしたもので、ラルストンが落石に腕をはさまれ、自分の尿を飲みながら5日間以上を過ごした後に自らの腕を切り落とすことで生還したというサバイバル・ストーリー。映画のなかで、ジェームズ・フランコ演じるラルストンが自らの腕を切り落とすシーンが映し出されると、その生々しい映像に鑑賞中の観客の3人が気を失い、1人が発作を起こしたという。プレミアに出席していたメディアサイト「ザ・ラップ」の関係者は、「出口へ急いだ観客もいたし、スクリーンを直視できない観客もいた。みんなショックを受けてたことは確かだ。気絶や発作が直接あのシーンに関係してるのかはっきりわからないが、確かなことは、あのシーンは映画の歴史のなかで最もリアルに描かれていた映像だったということだ」と、その衝撃を語っている。

 プレミア上映にはラルストン自身も出席して鑑賞したが、このシーンについて「これを見ているなんて信じられない! と思ったよ。あの場を立ち去りたい気持ちだったが、実際は座席でポップコーンを食べながら見ているなんてね」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]