ティム・バートンの新作『フランケンウィニー 』にバートン作品のおなじみの顔ぶれが集結!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ティム・バートン監督

 2012年にアメリカで公開されるティム・バートンディズニー映画『フランケンウィニー/Frankenweenie 』(原題)のキャストが発表された。

映画『9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』場面写真

 映画『フランケンウィニー/Frankenweenie 』(原題)は1984年製作のバートン自身の映画『フランケンウィニー』のリメイク版で、オリジナル版は映画『ピーウィーの大冒険』で劇場監督デビューする以前のバートンが手掛けた短編映画。

[PR]

 交通事故で死んだ愛犬スパーキーを、フランケンシュタイン少年が落雷を利用してよみがえらせてしまう。だが、復活したスパーキーによって街は大混乱に……。モンスターを愛してやまないバートンが、1931年の映画『フランケンシュタイン』にオマージュをささげた作品としても有名。

 デッドライン(電子版)によると、キャストにはバートンの映画『シザーハンズ』『ビートルジュース』に出演したウィノナ・ライダーや映画『エド・ウッド』のマーティン・ランドーで2012年版に初登場する新キャラクターを演じる。また、映画『マーズ・アタック!』のマーティン・ショートや『ビートルジュース』でライダーの母親役を演じたキャサリン・オハラが脇を固めるなどバートン作品にはおなじみの顔ぶれが集結した。ショートやオハラはそれぞれ五つの声を演じ分けるというのだからそれも驚きだ。

映画『フランケンウィニー/Frankenweenie 』(原題)は2012年3月9日にアメリカで公開される予定。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]