キュートな白ワンピ姿がまぶしい香里奈、ギャップを見せる男性に弱いことを告白!北乃きいと仲良くブーケトス!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ギャップを見せる男性にキュンときます! -香里奈

 25日、新宿バルト9にて、映画『ラブコメ』初日舞台あいさつが行われ、主演の香里奈北乃きい田中圭渡部篤郎、そして平川雄一朗監督が登壇した。

映画『ラブコメ』ギャラリー写真

 この日、共に白を基調にしたキュートなワンピ姿で登場し、会場を華やかな雰囲気に包んだ香里奈と北乃。ヨリを戻したばかりの元カレと、久しぶりに再会した同級生との間で揺れ動くヒロインを演じた香里奈は「今回主演を務めさせて頂きましたが、みなさんの協力があっていい作品ができました」と周囲に感謝のコメント。一方、花屋のアルバイトをしながら夜はキャバクラで働くという、個性的な役柄を演じた北乃は「撮影中も楽しくて、その雰囲気が画面から伝わっていると思う。見終わった後幸せな気持ちになれる映画です!」とアピールした。

[PR]

 トーク中、最も盛り上がったのは作品にちなんで「異性にキュンとくるのはどんなシチュエーションのとき?」という質問が出たとき。香里奈は劇中のシーンを引き合いに出して「普段は草食系でどうしようもない(田中演じる)美晴が、ここぞというとき手を引っ張ってくれたシーンにぐっときましたね」とギャップに弱いことを告白。さらに田中から「撮影中、香里奈ちゃんに『普段、好きな人の前ではどんな感じなの?』と聞いたら『それは、好きな人の前でしか見せない』と言われて、こいつ、やるな!と思いました(笑)」と鋭いツッコミをうまくかわしたエピソードを明かされて会場を沸かせていた。 しかし北乃のほうは悩んだ後、なぜか「わたしは監督が好きです! 気さくでおもしろくて、人の良さが現場で伝わってきました!」と突然の平川監督ラブラブ宣言。最近の熱愛報道を意識してか、恋愛につながるようなコメントを避けている様子だった。

 映画『ラブコメ』は松久淳田中渉が共同執筆した小説を、映画『ROOKIES -卒業-』の平川雄一朗監督が映画化したラブコメディ。男勝りで豪快な生花店店長(香里奈)と、草食系男子のアニメ脚本家(田中)との不器用でもどかしい恋愛模様を生き生きと描く。生花店のアルバイト店員を演じる北乃きいと声優役の渡部篤郎が、その二人を冷やかしながら優しく見守るキャラクターとして脇を固めている。

映画『ラブコメ』は全国公開中

オフシャルサイト http://lovecome-movie.com/

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]