豊川悦司×大竹しのぶ『一枚のハガキ』ほか、第23回東京国際映画祭ラインアップ発表!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
出品が決まった豊川悦司、大竹しのぶ共演の映画『一枚のハガキ』より - (C) 2011「一枚のハガキ」近代映画協会/渡辺商事/プランダス

 10月23日から31日まで、港区・六本木ヒルズほかにて開催される第23回東京国際映画祭のコンペティションに出品される全15本のラインアップが決定し、日本からは豊川悦司大竹しのぶが共演する映画『一枚のハガキ』、谷村美月加瀬亮小林薫南果歩竹原ピストル出演の映画『海炭市叙景』が出品されることがわかった。

出品が決まった映画『海炭市叙景』場面写真

 『一枚のハガキ』は、98歳の新藤兼人監督が映画人生の最後の作品と語る最新作で、庶民一人一人から見た戦争被害がテーマの作品。『海炭市叙景』は、北海道・函館をモデルにした架空の地方都市を舞台に、さまざまな事情を抱えた人々が必死に生きる姿を描いたオムニバス・ストーリーだ。このほか、各国から『そして、地に平和を』(イタリア)、『ビューティフル・ボーイ』(アメリカ)、『ブライトン・ロック』(イギリス)、『ブッダ・マウンテン』(中国)、『フラミンゴ No.13』(イラン)、『一粒の麦』(ルーマニア、セルビア、オーストリア)、『僕の心の奥の文法』(イスラエル)、『隠れた瞳』(アルゼンチン、フランス、スペイン)、『鋼のピアノ』(中国)、『わたしを離さないで』(イギリス、アメリカ)、『小学校!』(スペイン)、『サラの鍵』(フランス)、『ゼフィール』(トルコ)が出品された。

[PR]

 2010年1月以降に完成した長編作品を対象に世界各国から公募し、応募審査の中から厳選な予備審査を経た15本の多彩な作品。この中から「東京 サクラ グランプリ」「審査員特別賞」「最優秀監督賞」など6賞が選定され、31日のクロージングセレモニーで発表される。

第23回東京国際映画祭は10月23日から31日まで港区・六本木ヒルズほかにて開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]