幻のフリーペーパー美少女図鑑と夢のコラボ!「埼玉愛」あふれたご当地ムービー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「埼玉愛」を笑顔で語る小野まりえ

 12日、埼玉発の映画『ネムリバ』とフリーペーパー「サイタマ美少女図鑑」のコラボレーションイベントとして、試写会&トークショーがユナイテッド・シネマ浦和で行われ、『ネムリバ』主演の小野まりえ、主題歌を歌う中山うり、そして「サイタマ美少女図鑑」のモデルらが登壇し、埼玉LOVEをテーマにトークを繰り広げた。

映画『ネムリバ』写真ギャラリー

 小野は、埼玉にゆかりのある女性を対象に行われたオーディションを経て、本作の主演が決定。また主題歌を歌う中山も埼玉県出身。撮影地も埼玉を中心に行われるなど、とことん埼玉にこだわったご当地ムービーの本作。当然ながら、登壇者たちの埼玉への愛情は人一倍強いようで、主演が決まったときのことを振り返った小野は、「オーディションでは埼玉の方がたくさん応募していたので、その中で選ばれるとは思っていませんでした。緊張しましたし、責任感もありますね」と埼玉代表としてのプレッシャーを明かす。一方で「埼玉の寄居(よりい)というところでネムリバの撮影がありました。B級グルメでモツ煮があるが、これがめちゃくちゃおいしいです! お酒と一緒に召し上がると絶対おいしいですが、撮影中だったので飲めなかったです……」と埼玉人らしい地元ネタを笑顔で披露していた。

[PR]

 また中山が主題歌を担当することになった経緯は、中山が埼玉出身ということを知った監督からのオファーがきっかけだったと明かす。「わたしが埼玉県出身っていうのがどこで漏れたんだと思って(笑)」と中山は会場を笑わせながらも、自身が好きだという「月」と、作品の世界観を重ね合わせて、本作の主題歌を作曲したことを明かした。

 また、この日は会場に埼玉県のマスコットを務める「コバトン」も登場。その大きな体で設置されたパネルを倒しそうになったりと、終始ドタバタしていたコバトンだが、実は本作にも出演しているという。小野は「映画でたくさん観てほしいところはあるが、映画デビューしたコバトンのシーンはぜひ観てほしいいですね」とちゃめっ気たっぷりに語り、最後は「映画の中でミカ(主人公)が成長していくのを観てほしいです。あと埼玉県のネタがいっぱいあるので、探しながら観てほしいです」と最後まで埼玉LOVEと映画をPRしていた。

 『ネムリバ』は、会話と添い寝をサービスとして提供する場所“ネムリバ”を舞台に、添い寝スタッフとして働くことになった女性の成長を描く作品。

映画『ネムリバ』は10月23日よりユナイテッド・シネマ埼玉ほか5劇場で公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]