生田斗真の『源氏物語』、源氏の母に真木よう子、正妻に多部未華子ら姫君陣の配役が発表!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
生田斗真演じる源氏の母に真木よう子(左)、正妻に多部未華子(右)

 2011年に公開される映画『源氏物語』に登場する絢爛(けんらん)豪華な姫君たちのキャストが発表され、真木よう子田中麗奈多部未華子芦名星蓮佛美沙子室井滋という、女優たちが光源氏を取り巻くことがわかった。

 それぞれの役がらについては、源氏の亡き母・桐壺役と、それに瓜二つの義理の母・藤壺役に真木よう子、源氏を焦がれるあまり生霊の姿になってしまう六条御息所役に田中麗奈、源氏の正妻・葵の上役に多部未華子、源氏の思い人・夕顔の君役に芦名星、「源氏物語」を紡ぐ紫式部の語り相手の道長の娘・中宮彰子役に蓮佛美沙子、帝の正妻で桐壺を目の敵にする弘徽殿役に室井滋というそれぞれの個性を生かしたキャラクターとなる。

 また、この豪華な女優陣の出演を受けて源氏役の生田は、「絢爛たる女優陣を相手に現代ならではの源氏物語を創っていきたいと思っています。ひとつの作品でこれだけ多くの女優さんと共演ができることは稀有な経験で、かなり緊張もしておりますが、今から楽しみにしています」と意気込みを語った。
 
 監督は官能の世界を描いた一大センセーショナルを巻き起こした『愛の流刑地』の鶴橋康夫。作家・高山由紀子の奇想天外な発想により、夢と現実が交錯するこれまで誰も観たことのないスケールで、なおかつスピード感あふれる「源氏物語絵巻」が誕生する。

『源氏物語』2011年全国東宝系にて公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]