モデルの波瑠や未来穂香など制服美少女が大集合!実写版「マリア様がみてる」が完成!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
清楚(せいそ)なお嬢様! 左から未来、波瑠

 26日、累計発行部数540万部(既刊37冊)を誇る大人気ノベルの実写版映画『マリア様がみてる』の完成披露試写会が新宿明治安田生命ホールで行われ、ダブル主演の波瑠未来穂香をはじめ総勢9名の美少女たちが劇中と同じ制服姿で登壇した。一同は清楚(せいそ)なお嬢様の雰囲気を漂わせつつも、女子校のようなにぎやかなトークの掛け合いで会場を盛り上げた。

映画『マリア様がみてる』写真ギャラリー

 清楚なお嬢様学校を舞台にした作品だけに、一同は観客に向かって「ごきげんよう」とあいさつをしたり、波瑠が共演者のネクタイが曲がっているのをみるや「あら、タイが曲がっていてよ」と直したりと、作品の世界観を見事に演出して観客を魅了した。

[PR]

 ところが話題が撮影中のエピソードに及ぶと、一同は急に無邪気な女子の顔に。同世代の女子たちが集まって行われた撮影だけに、現場はまるで修学旅行のようににぎやかだったそうで、波瑠は「舞台裏は学校の休み時間みたいになっていて、みんなそれぞれ仮眠やゲームをしていました。わたしは高校を卒業したばかりですが、高校のころを思い出しました」と懐かしそうに振り返った。また未来は移動のロケバスの中での面白エピソードとして、「わたしは見ていないのですが、睡眠中に白目をむいたり、口が開いたりしてる人がいたと聞きました」とお嬢様のイメージをぶち壊すエピソードを披露。当事者である坂田梨香子が恥ずかしげに挙手をすると会場は爆笑に包まれ、会場はまるで本物の女子校のようににぎやかで和気あいあいとした雰囲気に包まれていた。

 また原作が大人気のノベルということで、一同は緊張や不安を抱えているという本音を明かしつつも、最後は主演の波瑠が「スタッフもキャストもハードスケジュールに身を削って作った映画。原作の世界観を大事にして、制服もオーダーメイドで作りました。みんなで良い作品にしようと取り組んだので良い作品になりました。たくさんの人に見ていただいて愛される映画になれば良いと思います」と女優としての貫禄を漂わせながら締めくくり、会場の大きな拍手を浴びていた。

 『マリア様がみてる』は、日本屈指のお嬢様学校を舞台に、筋金入りのお嬢様の上級生と、彼女から淑女としての指導を受けることになった平凡な下級生の、学園祭に向けてのドタバタの数日間を描く学園ドラマ。

映画『マリア様がみてる』は11月6日よりシネマート新宿・池袋テアトルダイヤほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]