48歳のジム・キャリー 「おじいちゃんになるって最高」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
もうおじいちゃんなんですね……。-ジム・キャリー

 48歳でおじいちゃんになったジム・キャリーが、孫ができて人生観が変わったという。

ジム・キャリー出演映画『フィリップ、きみを愛してる!』場面写真

 娘ジェーンが2月に男の子を出産したことについて、「おじいちゃんになるって最高だよ。僕はジムじいちゃんなんだ。この年で孫ができるとは思っていなかったけど、ものすごく楽しいよ。最高の気分さ。孫がいなくなったら死んじゃうと思っているくらいだ」とアクセス・ハリウッドのインタビューで語った。

 交際5年のジェニー・マッカーシーと別れたジム自身、まだ結婚して子供が生まれてもおかしくない年齢だが、自分自身を向上させなければ恋愛はうまく行かないと言っている。「愛を失うと自分自身に欠けているものが見えてきて、『ああ、まだ自分を磨く必要があるな』って思うんだ。恋愛というのは難しいよ。人はまず自分のことに神経を集中させているもので、みんな自分の夢を叶えようとして生きている。人生で出会う人からは学ぶことは多いけど、学んだらそれまでだと思う」と、語り、お互いに夢を叶えるために必要なものを相手から学んだら恋愛は終わりだと考えているよう。そんなジムは、「僕には永遠っていうコンセプト自体が理解できないんだ」とコメントしており、一人の女性と一生いるということは考えられないらしい。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]