サム・ライミが日本アニメの実写ドラマ化に着手!?二人の女暗殺者が主人公!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
海外ドラマの代表作にしてくれるか!?サム・ライミ監督

 映画『スパイダーマン』シリーズから離れた後に数々の監督企画が報じられているサム・ライミ監督が、製作総指揮という立場から、2001年にテレビ東京などで放映された日本のアニメ作品「NOIR (ノワール)」の実写ドラマ化に着手することになりそうだと、ハリウッド・レポーターが報じた。

サム・ライミ製作の映画『30デイズ・ナイト』写真ギャラリー

 アニメ「NOIR (ノワール)」は、脚本家の月村了衛が原案で、アニメーション作品の企画・制作を行なう株式会社ビィートレインが制作した作品。たぐいまれな戦闘能力を持つ二人の女性が、互いの利害のため暗殺ユニットを結成。数々のミッションをこなしていき、その中で利害を超えた信頼関係を築いてゆくというストーリー。

[PR]

 今回このアニメを原作としたドラマシリーズ企画を、ケーブルネットワークのStarzが、サム・ライミ監督と、映画『スペル』や『死霊のはらわた』シリーズで同監督と長い間タッグを組んでいるロバート・G・タパートから買い上げたということで、制作が開始されれば、二人は製作総指揮として作品にかかわることになる。

 ライミ監督とタパートの二人は、同ケーブルネットにおいて製作総指揮を務めた歴史スペクタクルドラマ「スパルタカス」で多くの視聴者を集めており、本作でも成功が期待される。日本でお披露目される日を期待して待ちたい。

原作アニメ「NOIR (ノワール)」はDVDがビクターエンタテインメントから発売中。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]