スカーレット・ヨハンソン、GQ誌が選ぶかわいくてセクシーな“ベイブ・オブ・ザ・イヤー”に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これだけ魅力的だったら当然ですよね! -スカーレット・ヨハンソン

 今年も絶好調だったスカーレット・ヨハンソンが、男性誌GQが選ぶ“ベイブ・オブ・ザ・イヤー”に選ばれた。「ベイブ」とは、いうなれば「かわいくてセクシー」な女性。スカーレットは、多様性と新しいことにチャレンジしようとする意欲が高く評価されたようだ。

スカーレット・ヨハンソン出演映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』写真ギャラリー

 「26歳なのに新鮮さと好奇心が感じられ、まるで髪の色を変えるかのように、いとも簡単に雰囲気や表現方法を変えてみせる女性。われわれがスカーレットを大好きな理由は、常にやる気があること、才能があること、そして苦労を感じさせずにこれらのことをやってみせることだ。これだけのことをやりながら、映画『ロスト・イン・トランスレーション』でわれわれが恋した、観察力のある、詮索好きなとてもかわいい女の子のままなんだ」とGQ誌はベタぼめしている。

 そんなスカーレットの悩みは、仕事以外に趣味がないことらしい。「映画の撮影がないときにすることがなくて困っているの。趣味がないのよね」とぼやいている。今年初めにはリーヴ・シュレイバーと共演した舞台でトニー賞を受賞。映画『アイアンマン2』のキャットスーツ姿も絶賛されたスカーレットの来年の活躍が今から楽しみだ。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]