岡田准一、大コケしたら、出家するつもりだった!30歳のバースデーで『野望』新たに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「うちにもハリー・ポッターいますしね」-松尾諭

 映画『SP 野望篇』に主演する岡田准一が18日、東京・有楽町のTOHOシネマズスカラ座で行われた大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。同日30歳の誕生日を迎えた岡田は、「30代として大人の方にも楽しんでいただける作品を作っていきたい」と野望を語った。舞台あいさつには共演の松尾諭神尾佑、そして波多野貴文監督も登壇し、花束と特製ケーキで岡田の誕生日を祝ったほか、観客約600人がバースデーソングの合唱をした。

映画『SP 野望篇』写真ギャラリー

 会場内の祝福ムードに少々照れ笑いも浮かべた岡田だったが、「20代後半すべてを捧げた『SP』がこうして(劇場で)公開される中で、30歳を迎えることができたのは運命を感じます」と誇らしい表情であいさつ。今後の活動について「30代として、大人の方が楽しめる作品をどんどん作っていきたいですね」と語り、「このチームで、また何かできれば」と『SP』チームの結束の強さをアピールすることも忘れなかった。

[PR]

 10月30日の公開から3週連続で興収ランキング第1位に輝き、公開20日目で動員190万人を突破。明日(11月19日)からは、ライバル映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が公開されるが、岡田は「うちにもハリー・ポッターいますしね」とメガネの松尾を茶化し、余裕しゃくしゃく。客席の中にはすでに18回観たというツワモノもおり、岡田は「大コケしたら、出家するつもりだった(笑)。こうして支えられて『SP』が大きくなるのはうれしい」と感激しきりだった。

 『SP 野望篇』は主人公のSP井上(岡田)やその仲間たちが、テロリストたちと戦う姿を描いたテレビドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版第1作目。東京で発生した大規模テロ事件に立ち向かう彼らの雄姿をダイナミックに描く。

映画『SP 野望篇』は全国公開中、『SP 革命篇』は2011年3月12日全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]