清純派アイドル・浜田翔子、過激な体当たりシーンは男優の変態演技にドン引き?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「観まショーコ!」と息の合ったアピールを見せた左から希志あいの、浜田翔子

 26日、清純派グラビアアイドルの浜田翔子が過激な体当たり演技に挑戦したDVD「ドメスティック」の上映舞台あいさつが銀座シネパトスで行われ、出演者の浜田翔子とセクシーアイドルの希志あいの、吉岡睦雄、そして城定秀夫監督が登壇し、浜田が初の体当たりシーンを演じた感想を笑顔で振り返った。

映画『ドメスティック』場面写真

 本作でドロドロの愛憎劇に巻き込まれていく女性を演じた浜田。普段は明るい性格だが、撮影中は主人公の負のオーラが乗り移ってしまったことを明かし、「休憩時間になっても役が抜けませんでした。お弁当を一人で食べてるときとか、いっぱいいっぱいでした……」と苦笑しながら振り返った。

[PR]

 ファンにとって気になるのは、本作の見どころの一つでもある浜田の体当たりシーン。浜田は撮影時を振り返り、「吉岡さんに全部任せていたので、あら、終わりました? って感じで早かったです」と意外にもあっさりした感想を述べ、見かけによらない度胸の良さをうかがわせた。ところが、役に入り込んだときの吉岡の豹変(ひょうへん)ぶりには驚いたらしく、「吉岡さんの変わりっぷりが本当にすごかったです!」と告白して吉岡をあわてさせた。さらに希志も「本当に変態なんですか? って吉岡さんに聞いちゃいました。そのくらいすごい変わりっぷりでした」と続き、最後に吉岡が「本当に心苦しい気持ちを抑えてやりました。この場を借りておわびします、すみませんでした!」と、会場の浜田ファンのきびしい目に戦々恐々としながら謝罪を行うこととなった。

 浜田が「クライマックスは本当にすごいシーンばかり。少し長い映画ですが、眠らないように観まショーコ!」とアピールした「ドメスティック」は、サイコ・サスペンス漫画の鬼才として知られる坂辺周一の原作を、『実写版 18倫』などの城定秀夫が映画化したエロチック・サスペンス。ダブルヒロインを演じた希志も「人間の怖さや家族の大切さが分かる作品。最後まで楽しんでください。観まショーコ!」と息の合ったアピールを披露した。

DVD「ドメスティック」は12月8日、DVD「ドメスティック 完結編」は2011年1月7日よりレンタル開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]