恵比寿ガーデンシネマ、休館決定!17年の歴史に幕!ラストはウディ・アレン『人生万歳!』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
同館の最後を飾るウディ・アレン監督の『人生万歳!』 - (C) 2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

 1993年、都内・恵比寿にオープンして以来、ミニシアターブームを牽引(けんいん)し続けた映画館・恵比寿ガーデンシネマが、2011年1月28日の上映をもって休館することが決定し、17年の歴史に幕を閉じることになった。

ラスト上映!映画『人生万歳!』写真ギャラリー

 恵比寿ガーデンシネマは、開館時に上映したロバート・アルトマン監督の映画『ショート・カッツ』を皮切りに、ハリウッド・インディーズ映画を中心としたプログラム編成を行い、『ボウリング・フォー・コロンバイン』や『スモーク』、『モーターサイクル・ダイアリーズ 』など数々のヒット作品を上映。普段観ることができない世界各国の良質な作品を上映する劇場として、多くの映画ファンから愛された。

[PR]

 ラストを飾る上映作品は、同館で最多上映数を誇るウディ・アレン監督の映画『人生万歳!』となり、アレン監督の40作目となる記念碑的な一本と共に閉館を迎えることとなる。

 そして休館が決まったことで、過去のヒット作を来年1月15日から1月28日まで連続上映する予定で、『ウディ・アレンの夢と犯罪』や『マッチポイント』など15作品をリバイバル上映する。日本のミニシアター史に深くその名前を刻み、数々の映画ファンを育てた同館。まだ訪れたことがなければ、この機会を逃さず、ぜひ訪問してもらいたい。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]