1961年から続く「ファンタスティック・フォー」最新刊で誰かが死ぬ!メインキャラが4人から3人に!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ということは、映画版のキャストにも影響が……。-実写版で4人を演じたヨアン・グリフィズ、クリス・エヴァンス、ジェシカ・アルバ、マイケル・チクリス - Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

 マーヴェル社の人気コミック「ファンタスティック・フォー」で、来年1月に発売される最新刊第587号ではメイン・キャラクターの1人が死んでしまうとマーヴェル社が発表した。

実写版映画『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』場面写真

 「ファンタスティック・フォー」は1961年に登場以来、人気を博してきたスーパーヒーロー・コミックで、2005年と2007年には映画『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』として映画化されている。現在発売されている12月号では、ミスター・ファンタスティック、インビジブル・ウーマン、ヒューマン・トーチ、ザ・シングの4人全員が絶体絶命のシチュエーションに置かれたまま終わっており、次号での展開が気になる形となっているが、マーヴェル社によると、1月に発売される新刊では4人のうち、1人が死んでしまうという。エグゼクティブ・エディターのトム・ブレヴォート氏は、「キャラクターに変化を起こすようなストーリーで、この出来事のあとにはすべてが変わってしまうんだ」と語っているが、4人のうち誰が死んでしまうのかは明らかにしていない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]