セクシー女優のパメラ・アンダーソン、動物愛護協会が選ぶ2010年パーソン・オブ・ザ・イヤーに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パメラ・アンダーソン - George Napolitano / FilmMagic / Getty Images

 パメラ・アンダーソンがPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)の2010年パーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

 パメラは昨年、英オックスフォード大学で動物の権利に関するスピーチをして注目を浴びたほか、ベジタリアンになるよう呼びかけるフィリピンのキャンペーンでは、ブルーのビキニ姿で、食肉処理された場合の部位(胸肉、ランプ肉など)を自分の体に置き換えて書き込み、「動物だって同じ部位を持っている。ベジタリアンになりましょう」というポスターのモデルを務めた。

 また、毛皮や生皮を持っていないかどうかを調べる空港のセキュリティ役でコマーシャルに登場し、動物愛護を訴えている。このコマーシャルでは、露出度の高い格好をしたパメラが、セキュリティ・チェックで乗客の毛皮や革製品をどんどん脱がせていくもの。あまりにもきわどいとの理由から、香港の空港、ボストンのローガン空港、ニューヨークの3空港で放送禁止となっている。

 WENNによると、PETAは何年にもわたるパメラの活動を表彰し、パーソン・オブ・ザ・イヤーに選んだとのこと。パメラはスピーチやキャンペーンに参加しているだけでなく、里親となって犬を引き取ったりと小さなことでも動物愛護の姿勢をつらぬいている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]