シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

2011年大ヒットするのはこの映画!2010年のヒットから今年の100億円超え映画を予測!

2011年大ヒットするのはこの映画!2010年のヒットから今年の100億円超え映画を予測!
2011年ナンバーワンヒット映画はジブリの『コクリコ坂から』が有力! - (C)2011 高橋千鶴・佐山哲郎・ GNDHDDT

 時代劇のブームと3Dや原作もの、シリーズ続編の映画が目立った2010年の日本の映画界だが、その流れから2011年の上半期にヒットする映画を予測してみた。3Dブームは続くのか? 時代劇、原作ものは果たして2011年もヒットするのだろうか。

 それにはまず2010年の傾向を振り返ってみたい。邦画の興収ナンバーワンは92億円を稼いだ『借りぐらしのアリエッティ』。ジブリの映画が100億円前後を稼ぐのはもはや定番だが、監督はジブリの新人監督で不確定要素も多かった中、評価も『ゲド戦記』のときのように賛否両論ではなくおおむね高評価で、幅広い層に人気を博した。

 一方、洋画の1位は『アリス・イン・ワンダーランド』の118億円で『借りぐらしのアリエッティ』を抜いて2010年度の日本国内映画興収ナンバーワンに輝いた。

 そのほかの洋画のランキングでは2位が『トイ・ストーリー3』107億5,000万円、3位『バイオハザードIV アフターライフ』、4位『インセプション』と3位までは3Dをセールスポイントにしている映画がランクイン。邦画の2位以降は『THE LAST MESSAGE 海猿』79億2,671万1,000円、3位『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』73億円、4位『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』は41億6,000万円と続き、すべてシリーズものが占めている。その中で4位にランクインした『告白』、10位『ハナミズキ』はシリーズものではないが、ベストセラー小説や有名ヒット曲がモチーフになったもので、やはりタイトルにパワーがあるものがランクインしている。

 また、『武士の家計簿』や『最後の忠臣蔵』など時代劇映画はもともと公開館数が多くはないので数字だけを比べると、この大ヒット映画のリストには入ってこないがそれぞれの映画館での動員数は良好で、2011年は時代劇映画の公開館数が増えることが期待される。(数字は日本映画製作者連盟の集計 2010年11月28日時点)

 それらを踏まえると2011年の大ヒット映画の予想は簡単だ。2010年の流れからみると3D、シリーズものが2011年も映画のヒットをけん引しており、ズバリ、2011年上半期のナンバーワンは、洋画は5月26日公開の『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』で、邦画のナンバーワンは夏公開のジブリの新作『コクリコ坂から』となるだろう。

 恐らく下半期を入れてもこの2作品が2011年のナンバーワン映画になる可能性が非常に高い。共に100億円の興収を競うことになるだろう。

 そのほかの映画については、100億円超えとはいかないまでも20億円以上を狙えそうなのが邦画の筆頭は1月29日に公開される『GANTZ』。欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックで映画のマスコミ評も高めだ。原作ではかなり残虐なシーンが満載だが映画はPG12なので十分ヒット圏内だ。2月11日に公開される『あしたのジョー』も作品のクオリティの高さからスマッシュヒットの可能性大。しかし、夏休みを前に大ヒットが期待できそうなのは3月19日公開の『ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス』。前作では前売り特典のワンピース0巻がワンピースブームの火付け役となり映画も大ヒットを記録した。今回は3Dに加え新たにまた仕掛けが用意されているに違いない。

 また洋画で30億円以上を狙えそうな筆頭が、『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』で、今年日本で一番最初に公開される3D映画の大作だ。アメリカではナンバーワンヒットを飾ったものの、興行的にはあまり伸びていないのが気にかかるが日本では人気の高いシリーズだけに大ヒットならずもヒットは間違いないだろう。またこれで本当に最後となる『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』は、いまのところ3D公開が予定されているため『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』と競り合うぐらいの大ヒットの可能性大だ。そのほか50億円以上のヒットの可能性があるのは『トランスフォーマー3』やディズニーの『カーズ2』などファミリーでも鑑賞可能な作品が挙げられる。またジョニデとアンジーの共演作『ツーリスト』も大スター二人の人気が日本でも健在であれば20億円くらいのヒットは間違いないだろう。

 結局2011年のヒット映画も2010年と同じくジョニー・デップ主演映画、ジブリ作品が首位を争い、3Dブームはまだしばらくは続きそうだ。大ベストセラー小説や1作目が人気作となった作品のスピンオフやシリーズ化などタイトルにブランド力のある映画は確実に稼げるため今後も量産されていくことは間違いない。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 4日
  5. 2011年大ヒットするのはこの映画!2010年のヒットから今年の100億円超え映画を予測!