シュワちゃん主演『トータル・リコール』リメイク作にコリン・ファレルの主演が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リメイクに挑戦!-コリン・ファレル

 映画『Dr.パルナサスの鏡』『クレイジー・ハート』のコリン・ファレルが、1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で公開された映画『トータル・リコール』のリメイク作で主演を務めるとプロデューサーのニール・H・モリッツがCollider.comの取材で明らかにした。

 メガホンは映画『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン監督が取ることが発表されている『トータル・リコール』のリメイク作。以前からコリン・ファレルが主演を務めるのではないかといううわさがあったが、プロデューサーがこれを正式に認めた。Collider.comの取材で、「わたしたちはコリン・ファレルと一緒に映画を作っている」と認めたプロデューサーのニール。さらに取材の中で、3D映画にする気はないこと、今年5月15日にトロントで撮影を開始することも明言した。

 アーノルド・シュワルツェネッガーが主演した『トータル・リコール』は、近未来が舞台。建設技師のダグが火星の夢にとりつかれ、疑似体験の記憶を植え付けてくれる会社に出向いたことから命を狙われ始め、真実を求めて火星に飛び立つストーリーだった。ニールは、リメイク作が原作のフィリップ・K・ディックのSF小説「追憶売ります」によった作品になることを明かしたが、「大きな違いは宇宙には行かないことさ」とも語っている。細身のコリンがアーノルドの演じた役を務めるのも興味深いが、どういったストーリーになるのかにも期待だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]