アン・ハサウェイ、セクシーなキャットウーマンに!「バットマン」最新作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
セクシーなコスチューム姿にも期待!-アン・ハサウェイ - Kevork Djansezian / Getty Images

 クリストファー・ノーラン監督の映画『バットマン』シリーズ最新作に、女優、アン・ハサウェイが出演することが、製作を手掛けるワーナー・ブラザースから発表された。アンはシリーズの人気キャラクター、キャットウーマンとなる女性、セリーナ・カイルを演じる。また、すでに出演が決定していたトム・ハーディが演じる役柄もアナウンスされた。

アン・ハサウェイ出演映画『アリス・イン・ワンダーランド』場面写真

 キーラ・ナイトレイジェシカ・ビールなど、そうそうたる候補たちの中から、見事役をつかみとったアン・ハサウェイ。映画『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』でも監督を務めたクリストファー・ノーランは、声明で「アン・ハサウェイと共に仕事ができる機会を与えられ、とてもわくわくしている。われわれのアンサンブルに加わることで、彼女はシリーズを完結するために素晴らしい役割を果たしてくれるでしょう」とのコメントを発表し、本作におけるアンの演技に期待を寄せている。

[PR]

 また、以前から本作に出演することが発表されていたトム・ハーディが、原作コミックでバットマンの背骨をへし折り、引退に追い込んだこともある悪役ベインを演じることも発表された。映画『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』ではただの脇役扱いだったベインだが、トムが演じることで、原作のイメージに近い、強力な力と知性を兼ね備えたキャラクターとして復活しそうだ。映画『インセプション』でトムをブレイクに導いたノーラン監督も「再びトムと仕事ができるのは、とてもうれしいことです。また、彼がバットマンにとって最も恐ろしい敵の一人に、どのような解釈で生命を吹き込むのか、とても楽しみにしています」と語っており、最強の敵役の登場に期待が高まる。

 登場する悪役が決定したことで、少しずつその姿が見えてきたノーラン監督版『バットマン』の最終作となる予定の映画『ザ・ダークナイト・ライジス(原題)/ The Dark Knight Rises』。最強の敵を相手に、クリスチャン・ベイル演じるバットマンは、どのような戦いを強いられるのか? そして、彼の運命にはどのような結末が用意されているのだろうか?

映画『ザ・ダークナイト・ライジス(原題)/ The Dark Knight Rises』は2012年7月20日全米公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]