ベルリン国際映画祭最高賞決定!金熊賞はイラン映画!日本勢はコンペ外で2冠!

第61回ベルリン国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
最高賞の金熊賞を受賞した『ナデール・アンド・シミン、ア・セパレーション(英題)』のアスガー・ファルハディ監督 - Photo:Yukari Yamagucji

  2月19日(現地時間)、第61回ベルリン国際映画祭の各賞発表授賞式が開催された。最高賞の金熊賞にはイランのアスガー・ファルハディ監督映画『ナデール・アンド・シミン、ア・セパレーション(英題)/Nader and Simin, A Separation』が輝いた。本作は、イランを出ようとする妻と、老いた父のため残ろうとする夫の間で、思いがけない事件が広がっていく様を描いたもの。夫婦の家庭からイランの今が透けて見えるような作品になっている。

第61回ベルリン国際映画祭コンペ作

 審査員のジャファル・パナヒ監督がイランで禁錮刑が下ったことで参加できないまま幕開けしたベルリン映画祭は、イラン作品『ナデール・アンド・シミン、ア・セパレーション(英題)/Nader and Simin, A Separation』が金熊賞、銀熊賞の女優賞、男優賞を受賞したことで、ますますイランに目を向け、明日の最終日を迎えることとなった。ファルディ監督は受賞後の会見で「見た人が様々な問題について考えてくれたらと思う」と作品に込めた思いを語った。

[PR]

 日本勢も健闘、瀬々敬久監督映画『ヘブンズ ストーリー』が国際批評家連盟賞と最優秀アジア映画賞をW受賞、新人監督を募るタレント・キャンパスの作品賞となるベルリン・トゥデイ・アワードを三宅響子監督の11分の短編映画『ハックニー・ララバイズ(原題)/Hackeney Lullabies』が獲得した。

主な受賞作、受賞者は以下のとおり。

金熊賞
『ナデール・アンド・シミン、ア・セパレーション(英題)』(アスガー・ファルハディ監督)-イラン 

銀熊賞-審査員賞
『ザ・チューリン・ホース(英題)』(タル・ベーラ監督)-ハンガリー、フランス、ドイツ、スイス、アメリカ

銀熊賞-最優秀監督賞
ウルリッヒ・コーラー監督『スリーピング・シックネス(英題)』-ドイツ、フランス、オランダ

銀熊賞-最優秀女優賞
レイラ・ハタミ、サリナ・ファルハディ『ナデール・アンド・シミン、ア・セパレーション(英題)』(アスガー・ファルハディ監督)-イラン 

銀熊賞-最優秀男優賞
ペイマン・モアディ、ラバ・カリニ、アリア・カシャマディ『ナデール・アンド・シミン、ア・セパレーション(英題)』(アスガー・ファルハディ監督)-イラン 

銀熊賞-芸術貢献賞(カメラ)
ウォジェック・スタロン『ザ・プライズ(英題)』(パウラ・マルコヴィッチ監督)-メキシコ、フランス、ポーランド、ドイツ

銀熊賞-芸術貢献賞(プロダクション・デザイン)
バーバラ・エンリケ『ザ・プライズ(英題)』(パウラ・マルコヴィッチ監督)-メキシコ、フランス、ポーランド、ドイツ

銀熊賞-最優秀脚本賞
ジョシュア・マートン 、アンダミアン・ムラタジ『ザ・フォーギブネス・オブ・ブラッド(原題)』(ジョシュア・マーストン監督)-アメリカ、アルバニア、デンマーク、イタリア

アルフレート・バウアー賞
『イフ・ノット・アス、フー?(英題)』(アンドレス・ファイエル監督)-ドイツ

(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]