作品賞は『英国王のスピーチ』!監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得!イギリスの歴史劇がアメリカの現代劇を下す!

第83回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『英国王のスピーチ』が作品賞を獲得! - (C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.

 現地時間27日(日本時間28日)、ロサンゼルスのコダック・シアターにて第83回アカデミー賞の授賞式が行われ、最多12部門にノミネートされていたコリン・ファース主演の映画『英国王のスピーチ』が作品賞の栄冠を手にした。『英国王のスピーチ』は、作品賞のほかに監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得した。本作は、エリザベス女王の父で、国民から慕われたジョージ6世の吃音(きつおん)症との闘いを、ユーモアも交えて秀逸に描いた感動作。英国王ジョージ6世にコリン・ファース、その妻にヘレナ・ボナム=カーター、そのほかにもジェフリー・ラッシュガイ・ピアースティモシー・スポールら実力派俳優陣が集結。テレビ映画「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~」でゴールデン・グローブ賞作品賞(テレビムービー/ミニシリーズ)を受賞し知名度を上げたトム・フーパー監督初のアカデミー賞ノミネート作品だった。

映画『英国王のスピーチ』写真ギャラリー

 今年のアカデミー賞作品賞候補には、『英国王のスピーチ』のほか、ナタリー・ポートマン主演の映画『ブラック・スワン』、実在した兄弟ボクサーの話を映画化した『ザ・ファイター』、日本の渡辺謙の出演も話題となった『インセプション』、ゴールデン・グローブ賞コメディー/ミュージカル部門で作品賞を受賞した『キッズ・オールライト』、映画『スラムドック$ミリオネア』で第81回アカデミー賞を受賞したばかりのダニー・ボイル監督の映画『127時間』、第68回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞した映画『ソーシャル・ネットワーク』と強豪がひしめいていた。中でもゴールデン・グローブ賞をはじめ各映画賞でもデッドヒートを繰り広げた『英国王のスピーチ』と『ソーシャル・ネットワーク』の一騎打ちが注目されていた。

[PR]

 イギリスが舞台の『英国王のスピーチ』とアメリカが舞台の『ソーシャル・ネットワーク』は、かたや第2次世界大戦前夜を描いた歴史劇、かたや現代を象徴する世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を描いた現代劇で、舞台となった国も時代も対照的。また、『英国王のスピーチ』は、吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が周囲の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを丁寧に描いた作品だが、上映時間を縮めるためにセリフ回しのテンポを速くしたという『ソーシャル・ネットワーク』は、冒頭から繰り広げられるスピーディーなセリフ劇が見ものだ。そんなまったく正反対の作品が火花を散らした今年のアカデミー賞を制したのは、イギリスが舞台の歴史劇、吃音(きつおん)症に悩んだジョージ6世を描いた『英国王のスピーチ』だった。

 『英国王のスピーチ』は今年、アカデミー賞のほか、英国アカデミー賞でも作品賞を受賞。そのほか、コリン・ファースが、ニューヨーク批評家協会賞、ロサンゼルス批評家協会賞、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門、英国アカデミー賞、放送映画批評家協会賞で主演男優賞を受賞しており、最近でも、ハリウッドの大作ミュージカル映画『マンマ・ミーア!』から、グッチやイヴ・サンローランなどで活躍するデザイナー、トム・フォードの初監督作『シングルマン』まで、幅広い作品に出演するコリンの実力が改めて認められた作品にもなった。

 今年のアカデミー賞は、対抗馬となっていた『ソーシャル・ネットワーク』が脚色賞、作曲賞、編集賞と3冠に終わり、渡辺謙が出演した『インセプション』は撮影賞、録音賞、音響編集賞、視覚効果賞と技術系の賞を4冠獲得するという快挙を成し遂げた。

映画『英国王のスピーチ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]