ジャニーズJr.の風間俊介ビジュアル系バンドのボーカルに挑戦!「ダンスのないパフォーマンスで魅せるって……」と困惑?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イケメンキャスト陣やスタッフが勢ぞろいし、満足そうな大鶴義丹監督

 28日、ジャニーズJr.の風間俊介と俳優、小説家、映画監督とマルチに活躍する大鶴義丹監督がタッグを組んだ映画『前橋ヴィジュアル系』の舞台あいさつが芝メルパルクホールで行われ、大鶴義丹監督、風間俊介をはじめキャストが勢ぞろいした。

映画『前橋ヴィジュアル系』場面写真

 舞台あいさつ後マスコミの取材に応じた風間は、初主演となった本作について「撮っているときは気にしなかったですが、今ようやく実感がわいています」と公開を前に徐々に高ぶっている気持ちを語った。本作では今までの真面目なイメージを一変するビジュアル系バントのボーカル役に挑戦。「ダンスのないパフォーマンスで魅せるって、どういうことかなとすごく意識してやってきました」とジャニーズJr.ならではの姿勢で役取り組んでいたことを明かした。

[PR]

 風間と大鶴のほかにも、脚本の一雫ライオン黄川田将也杉浦太雄藤田玲八代みなせ森下悠里新城隼人加藤和樹、そして主題歌を担当するバンドheidi.、衣装デザインを担当するIBIMINTなど、主要キャストとスタッフが勢ぞろいした今回の舞台あいさつ。バンドの話題になると登壇者から口々に「音合わせしていて上手くなるのを実感しました」「実際(こんなバンドが)いたら売れるね!」と褒め言葉が飛び交い、和気あいあいとしたムードで進行。写真撮影でも、黙々とシャッターを切り続けるカメラマンに風間が「談笑しながら撮ったらいかがですか?」と壇上からしゃべりかけて取材陣を和ませるなど、楽しい雰囲気の撮影だったことをうかがわせた。

 映画『前橋ヴィジュアル系』は、群馬県前橋市の田舎町を舞台にビジュアル系バンドで成功を夢見る農家の青年たちの青春と葛藤(かっとう)を描いた作品。農業とバンド活動との両立など、現実に直面したバンド「プリンシパル」のメンバーたちが、ある出来事をきっかけに再び夢へと向かう様子をコミカルにつづる。真面目なイメージの強かった風間俊介が挑戦するビジュアル系姿にも注目だ。

 映画『前橋ヴィジュアル系』は3月12日よりシネ・リーブル池袋にて先行公開、4月9日より群馬県・イオンシネマ高崎店、イオンシネマ太田店ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]