国連が応援メッセージを配信 マイケル・ダグラス、スティーヴィー・ワンダーも参加

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイケル・ダグラスからのメッセージ(スクリーンショット)

 国際連合が運営するYouTubeのオフィシャルチャンネルUNIC TOKYOにて、マイケル・ダグラススティーヴィー・ワンダーなど国連ピース・メッセンジャーとしての活動も行っている著名人から日本に向けた応援メッセージが配信された。国連ピース・メッセンジャーは、そのオフィシャルサイトによると、国連の活動に世界の人々の注目を集めるために協力する著名人。ジョージ・クルーニーシャーリーズ・セロンも名を連ねる国連ピース・メッセンジャーの中から、現在までにマイケル・ダグラス、スティーヴィー・ワンダー、バイオリニスト五嶋みどりなどが、日本に向けてメッセージを送っている。

 今回、メッセージを寄せた著名人たちは、皆「日本は決して一人ぼっちではありません。私を含めた世界中の人々が、3月11日の大災害から日本が力強く立ち上がることを、心から願っております。今世界中が一つとなって皆様の力になりたいと思っています」と同じ思いを語っている。マイケル・ダグラスがメッセージの最後に「応援しています」と日本語で語りかけ、スティーヴィー・ワンダーが「I Just Called to Say I Love You」のメロディーに乗せ、「I love you」と語っているのが印象的だ。また、現国連事務総長の潘基文氏は、すべてのメッセージを日本語で語りかけてくれている。

 アメリカを拠点に活躍する日本人バイオリニスト五嶋みどりのメッセージは、「被害者の方々はもちろんのこと、日夜救出に携わる人々の忍耐と互助、勇気によって、復興という言葉が過去のものとなる日が遠くないことを確信し、一日でも早くそのときを迎えるために、国連平和メッセージャーとして、一人の生きとし生けるものとしてできうる限りの応援を続ける所存です」。国連から発せられた著名人からのメッセージに、復興への希望が与えられることだろう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]