ペネロペ・クルスがウディ・アレン監督と再びタッグ!オスカー受賞の『それでも恋するバルセロナ』以来

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ペネロペ・クルス&ウディ・アレン監督 - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 先日ハリウッドの殿堂入りを果たしたばかりの女優ペネロペ・クルスが、アカデミー賞助演女優賞を受賞した映画『それでも恋するバルセロナ』でタッグを組んだウディ・アレン監督の作品に再び出演することを明かした。

 ペネロペは、Entertainment Weekly誌の取材で、自ら「わたしは、次の映画のことはもちろん知っているけれど、何は言ってよくて、何は言ってはいけないのかは、監督に聞かなきゃわからないわ。彼は秘密主義者だから。ウディ・アレン監督の映画なんだけど……やっぱりストーリーやキャラクターについては何も明かせないわ」と語り、アレン監督の映画への出演を明かしたという。

 ペネロペは映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』、アレン監督は映画『ミッドナイト・イン・パリス(原題)』と、それぞれ5月に新作映画の公開を控えている。アレン監督が『ミッドナイト・イン・パリス(原題)』の次に手がけているのは、ローマが舞台の作品だと言われており、ペネロペが出演するのはこの作品だと報じている媒体もあるが、真相はまだ明かされていない。

 『それでも恋するバルセロナ』で、自由奔放で情熱的な女性を演じたペネロペは、共演したハビエル・バルデムと結婚し、1月に第1子を出産した。私生活も充実させたペネロペは、次なるアレン監督とのタッグでどのような顔を見せてくれるのか、期待したい。(編集部・島村幸恵)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]