『トロン:レガシー』の監督、新作でトム・クルーズに『オブリヴィオン』を主演交渉中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トム・クルーズが出るかもよ……。-ジョセフ・コシンスキー監督 - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 ディズニーが製作する予定だったジョセフ・コシンスキー監督の新作映画『オブリヴィオン(原題) / Oblivion』に、トム・クルーズが主演するかもしれない。

ジョセフ・コシンスキー監督映画『トロン:レガシー』写真ギャラリー

 同映画は、ユニバーサル・ピクチャーズが製作権を手に入れる寸前と言われているが、同時にトムとの交渉が始まっているとデッドライン.comは報じている。『オブリヴィオン(原題)』は世紀末後の世界が舞台になっているため、ディズニー側はファミリー向け映画を看板にしている自社には適していないと判断したほか、子ども向けのPG指定で製作するにはあまりにも制限が多すぎて無理だとわかり、手放したらしい。

[PR]

 『オブリヴィオン(原題)』は5年前にコシンスキー監督が考え出したSFラブストーリーで、世紀末後、人間は居住が不可能になった地球の上に浮かぶ雲の上で生活。汚染された地上ではスカベンジャーが違法に古代の美術品や道具などをあさるという世界になっている。そのスカベンジャーの一人が墜落した宇宙船を発見するが、中には美しい女性が乗っており、彼女と出会ったことで世界観が変わっていくというストーリーらしい。スカベンジャーが兵士に変更されたとの報道もあるが、どちらにしても、トムが演じるのは、この役になると思われる。

 トムとの出演交渉はまだごく初期の段階だが、実現すれば撮影は10月から開始される予定とのこと。トムは映画『ロック・オブ・エイジズ(原題)/Rock of Ages』の撮影が6月からスタートするため、その次の作品になる可能性がある。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]