超美少女・国広富之の娘17歳の谷内里早が初々しく舞台あいさつ!監督が「彼女たちは持っている!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『魔法少女を忘れない』舞台あいさつでの谷内里早

 23日、池袋テアトルダイヤにて、映画『魔法少女を忘れない』の初日舞台あいさつが行なわれ、ヒロインを演じた谷内里早森田涼花アイドリング!!!)、主題歌を担当したJURIAN BEAT CRISIS(川上ジュリア)、堀禎一監督が登壇。映画さながらのみずみずしい表情で会場のファンを魅了した。

映画『魔法少女を忘れない』場面写真

 一緒に過ごした大切な仲間の記憶から、いつか自分が消えてしまう……そんな宿命を背負った元・魔法少女みらいを演じた谷内は「現実の世界にはいない未知の存在だったので、最初は戸惑った」と撮影前の心境を語る。しかも「原作を読んだら、みらいのキャラが妹萌えですごく可愛くて……。自分にそれが出せるか、さらに心配になった」と振り返ったが「みなさんにたくさん甘えさせてもらって、何とかできました」と最後は充実感いっぱいの笑顔を見せる。

[PR]

 そんな不安いっぱいでの撮影だった谷内に堀監督は「もう演出なんていりませんでした。お任せで。なんの問題もなかった。僕は毎朝(谷内の)笑顔が楽しみでした」とデレデレトークを展開すると、場内からも笑いが。

 一方、みらいの兄への想いを心の内側に秘めながら、みらいを応援する千花を好演した森田は、「最初はしゃべり方を含めて、(役に)入り込めるかなぁ~と思ったけど、撮影に入ったら違和感なくできました」と満足げな表情を見せる。その理由は約2週間、合宿状態での撮影だったことにも起因しているようで「ずっと(共演者と)一緒だったので、仲良くなったし、スタッフさんの熱意やパワーが伝わってきて刺激になった」と雰囲気が良かった現場を振り返る。

 最後に堀監督が「とにかくこの二人は引きが強い。(森田の)告白の切ないシーンで撮影に影響がない程度のいい感じの雨が降ってきたり、(谷内のさわやかなシーンで)曇っていた空が急に晴れてきたり……。持ってますよ、この子たちは」とフレッシュな二人の特別な能力!? も絶賛していた。

 本作は、しなな泰之原作の人気ライトノベルを、映画『憐 Ren』の堀禎一監督が実写映画化。繊細で可愛らしい元・魔法少女みらい(谷内里早)が背負った運命を、どうにかして抗おうと奮闘する仲間たちを描いた優しくも切ない青春物語。(磯部正和)

映画『魔法少女を忘れない』は池袋テアトルダイヤにて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]