ジョニー・デップ「『パイレーツ』は巨額な製作費があるインディペンデント映画 」台本の読み合わせを自分のバーで

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
粋な計らいです! -ジョニー・デップ

 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』の現場の雰囲気をリラックスさせるため、ジョニー・デップはみんなを自分のバー、ザ・ヴァイパー・ルーム(すでに売却)に連れて行き、台本の読み合わせを行ったという。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』場面写真

 「ディズニーのオフィスで読み合わせのために全員で座ろうとしたところ、もっと人間的なスケールで感じあえるよう、ザ・ヴァイパー・ルームでやろうとジョニーが言い出したんだ。実際の撮影現場がリラックスした雰囲気になったのはジョニーのおかげだと思う。彼はこの映画を、巨額な製作費があるインディペンデント映画として捉えていると言っていた」と共演者のジェフリー・ラッシュは語っている。

 ジョニーのおかげで撮影を楽しめたジェフリーだが、3作目を撮影中に、この映画フランチャイズの製作費がいかに巨額かを感じたという。「6人のキャストが砂浜でセリフを言うシーンに800人のスタッフがかかわったときに、初めてこの映画のすごさを認識したよ」とコメント。食事係、スタントマン、シーンの間に砂浜を慣らす人など、6人しか映っていないシーンの裏には総勢800人のスタッフがいたのだ。すごい映画なんだと認識したジェフリーは、「絶対に失敗できないとプレッシャーを感じた」と言っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]