『マイノリティ・リポート』の脚本家、世界的奇術師ハリー・フーディー二を描いた映画で『アイ・アム・レジェンド』ローレンス監督とタッグか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スコット・フランク - Alexandra Wyman / WireImage / Getty Images

 ハンガリー出身の世界的な奇術師、ハリー・フーディー二を描いた伝記映画に、映画『マイノリティ・リポート』を執筆したスコット・フランクが脚本家として交渉に入っていることがハリウッド・リポーターによって明らかになった。

 同作は、ハリー・フーディー二が美しい霊能者の真相を暴こうとするが、彼女に徐々に惹き付けられていくという作品。この映画以外に、映画『チェンジリング』の脚本家J・マイケル・ストラジンスキーが執筆したフーディー二と作家コナン・ドイルが事件を解決する映画『ヴォイス・フロム・ザ・デッド(原題) / Voice From The Dead』、さらに脚本家ノア・オッペンハイムが執筆したフーディー二とシークレット・サービスとのかかわりを描いたアクション映画『ザ・シークレット・ライフ・オブ・フーディー二:ザ・メイキング・オブ・アメリカズ・ファースト・スーパーヒーロー(原題) / The Secret Life of Houdini : The Making of America's First Superhero』が、それぞれフーディー二を扱った映画として製作されることになっている。

 脚本家のスコット・フランクは『マイノリティ・リポート』以外にも、映画『ゲット・ショーティ』、『アウト・オブ・サイト』、『ザ・インタープリター』など数多くのハリウッドの話題作を手掛けてきた脚本家で、彼がかかわることになれば、すでにメガホンを取ることが決まっている映画『アイ・アム・レジェンド』の監督フランシス・ローレンスに加え、相当期待できる作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]