西田敏行、「釣りバカ日誌」でもかなわなかった念願!『星守る犬』石碑&石像建立に「渋谷同様、ここで待ち合わせをしてください」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハッピーと空を見上げる西田敏行

 北海道名寄市に、映画『星守る犬』の公開を記念して、主演の西田敏行玉山鉄二の手形が刻まれたメモリアル石碑、映画に登場した犬のハッピーの石像が建立され、7日、西田と玉山が映画の撮影以来半年ぶりに現地を訪れ、除幕式のセレモニーを行った。映画の公開を記念して石碑や石像が建立されるのは異例のことで、西田は「『釣りバカ日誌』でも実現しなかった。念願ですね」と笑顔を見せた。

映画『星守る犬』写真ギャラリー

 メガホンを取った瀧本智行監督が、ひまわり畑を探し求め、最後にたどり着いた北海道名寄市。『星守る犬』のオリジナルTシャツを着た500人の名寄市民に迎えられた西田と玉山は2人で名寄市民に「ただいま」とあいさつ。地面に敷き詰められた木片、北海道名寄産業高等学校の学生たちが西田と玉山のために手作りしたイス、石碑の回りに植えられたひまわりなど手作り感のあふれる会場で行われたセレモニーでは、西田も玉山も、撮影中に名寄市民のあたたかさに癒やされていたことを明かし、終始笑顔だった。自らの立候補により名寄ふるさと大使に任命された玉山は、「昨夜(テレビドラマ)『BOSS』の撮影を終え、寝ないで(名寄市の宣伝のための)キャッチフレーズを考えてきました!『どこに行こう、あそこに寄ろう、名寄』」と照れくさそうに徹夜の成果を披露。集まった500人の名寄市民からは歓声が沸きあがった。

[PR]

 映画『星守る犬』は、玉山演じる名寄市役所職員の奥津京介が、ふうれん望湖台自然公園で発見された、死後半年の男性と死後間もない犬の遺体の軌跡を追っていくストーリー。撮影に使われた奥津の家は、北海道立サンピラーパーク内に今も立っている。この日は、石碑がふうれん望湖台自然公園に、ハッピーの石像が北海道立サンピラーパーク内にあるなよろ市立天文台「きたすばる」の地に、「ハッピーと一緒に星を眺め、明日への希望を星に託してほしい」との思い込めて建立された。ハッピーの石像と対面し、「渋谷同様、ここで待ち合わせをしてください」と語った西田は、「石像の前でハッピーと待ち合わせをして、一緒にお墓参りに行きたいです」と石像のハッピーが見上げる北東の空を見上げた。(編集部・島村幸恵)

映画『星守る犬』は6月11日全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]