名作『キング・コング』のアニメ化が進行中 20世紀フォックスが企画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
この名シーンもアニメで再現される?-映画『キング・コング』より - Hulton Archive/ Getty Images

 2005年にピーター・ジャクソン監督がリメイクしたことでも知られる映画『キング・コング』のアニメ化企画が進行しているとDeadline.comが報じている。製作は20世紀フォックスが務める予定であることから、劇場作品になる公算が高そうだ。

2005年の映画『キング・コング』場面写真

 1933年の映画『キング・コング』は怪獣映画の古典として、後世に多くの影響を与えたことで知られる作品。Deadline.comによると、製作を務める20世紀フォックスは、脚本にクリスチャン・マゼラン、監督はボブ・ショウという若手を起用して、新たな『キング・コング』映画の制作に乗り出したという。今回のアニメ作品はこれまでの続編やリメイク作品とは趣向を変えて、キング・コングの立場を描いた作品にすることも考えているといい、原案は製作も務めるマイク・ウェバーが担当する予定となっている。

 メリアン・C・クーパーアーネスト・B・シュードサックが共同で監督を務めたオリジナルは1933年製作。世界中で大ヒットを記録し、急きょ続編の映画『コングの復讐』が制作されただけでなく、後のエンターテインメント映画にも大きな影響を与えたとされている。その後、劇場映画としては、ジェフ・ブリッジスジェシカ・ラング出演のリメイク映画『キングコング』が1976年に公開。2005年には、映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソンが、最新テクノロジーを駆使してリメイク。ジャクソン監督の念願だったという同作は、同年のアカデミー賞を3部門で受賞。オリジナルをもしのぐ世界的なヒットを記録した。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]