三浦春馬、井川遥の後を追いかけたくなる!?『東京公園』初日舞台あいさつ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美女3人に囲まれて緊張気味!? の三浦春馬

 18日、新宿バルト9にて映画『東京公園』の初日舞台あいさつが行われ、主演の三浦春馬榮倉奈々小西真奈美井川遥青山真治監督が登壇。今月初めに行われた本作の記者会見では、3人の美人女優に囲まれ照れっぱなしだったことが大きく報じられた三浦だったが、この日は「カマキリが大の苦手」と告白したり、井川のことを「後を追いかけたくなるような方」と大胆発言をしたり、ユーモラスなコメントを連発して、主演俳優として初日の会場を大いに盛り上げた。

映画『東京公園』写真ギャラリー

 カメラマン志望の大学生・光司(三浦)が、ある不思議な依頼をきっかけに、身近な存在だった人たちと向き合っていく姿をみずみずしく描いた本作。主人公の光司を等身大で演じた三浦は、完成作を観たときのことを振り返り「自分の出演シーンを観ると冷や汗をかきます(笑)。(小西演じる)お姉さんとのキスシーンが長く感じて、『こんなに長くて大丈夫?』と思ったけど、2回目に観たとき、逆にすごくいい間だと思った。青山監督のマジックですね」と青山監督の演出を絶賛。ほかにも、劇中では井川をファインダーを通して見つめる役どころだったが「(井川は)本当に後を追いかけたくなるような(魅力を持つ)方ですね」と発言して井川を大テレさせていた。

[PR]

 また、本作のストーリーにちなみ、登壇者それぞれが「見つめること」をテーマにトークを展開。榮倉は「人と向き合うことは、自分を見つめることだとこの映画を観て思いました。人と向き合う前に、自分と向き合って、思っていることを整理したいと思います」と真摯(しんし)にコメント。小西も「この作品に関わって、自分の仕事、役割と改めて向き合いました」と語り、それぞれ本作への出演が実り多い経験だったことを明かした。そんな中、井川は「2歳になる娘がいるのですが、わたしのことをまっすぐ見つめているなと感じています。一緒に買い物に連れていって、お酒売り場の前を通ると『ママ、ママ』と言われるので、本当によく見ているなあと……(笑)」と母親ならではのほのぼのエピソードを披露して、観客を笑わせていた。

 映画『東京公園』は「東京バンドワゴン」で多くのファンを生んだ小路幸也の同名小説を、『サッド ヴァケイション』以来およそ4年ぶりの長編作となる青山真治監督が映画化したラブストーリー。(古河優)

映画『東京公園』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]