ジョージ・クルーニー監督作『ジ・イデス・オブ・マーチ』ヴェネチア映画祭でお披露目に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
注目の監督作です! -ジョージ・クルーニー

 俳優ジョージ・クルーニーが監督・製作を務める最新作『ジ・イデス・オブ・マーチ(原題) / The Ides of March』が、8月に開催されるヴェネチア国際映画祭でお披露目されるとdeadline.comが報じた。

ジョージ・クルーニー出演映画『ラスト・ターゲット』場面写真

 同作は、2004年に民主党の大統領予備選に立候補したハワード・ディーンの選挙スタッフだった、ボー・ウィリモンが書いた戯曲「ファラガット・ノース(原題) / Farragut North」を映像化した政治サスペンス。同戯曲は2008年にオフ・ブロードウェイで初上演された。映画化にあたり、脚色はジョージ主演の映画『ヤギと男と男と壁と』で監督デビューを果たしたグラント・ヘスロヴが担当している。彼は舞台をオハイオ州の予備選に翻案、選挙事務所の広報担当者を主人公にして選挙戦の裏側を描くという。なお劇中で登場するスキャンダルは、現実に問題となった、民主党の現役下院議員アンソニー・ワイナーの下半身スキャンダルに匹敵する内容だとか。

 知事のスポークスマンであるスティーヴン・マイヤーズ役には、映画『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴズリング、ライバル候補のキャンペーン・マネージャー役にフィリップ・シーモア・ホフマン。そのほかポール・ジアマッティマリサ・トメイエヴァン・レイチェル・ウッドが出演、そして大統領候補であるマイク・モリス知事役をジョージが務める。なお米国公開は、本年10月7日を予定している。(南 樹里)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]