小日向文世「これって浮気なのかな!?」“共演者”があまりにかわいくて“身内”の存在忘れたことを告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「あまりにかわいくって……」小日向文世とサモエド犬のサモン

 25日、映画『犬飼さんちの犬』の初日舞台あいさつが、シネマスクエアとうきゅうで行われ、主演の小日向文世ちはる小野花梨矢部光祐亀井亨監督、そしてサモエド犬のサモンが登場。作品のアットホームな雰囲気同様、小日向と子役たち、サモンとの絶妙な間に、場内はほのぼのとした空気に包まれた。

映画『犬飼さんちの犬』場面写真

 上映終了後の舞台あいさつ。作品の優しい雰囲気が会場に充満する中、満面の笑顔で主演の小日向はじめ、出演者が登場すると、さらに空気が和らぐ。そして最後に真っ白でモコモコした愛嬌たっぷりのサモンが現れると、場内からは大歓声。開口一番「『スーパーエイト』や『アンダルシア』など大作がある中、この映画に足を運んでくれてありがとう」とトレードマークのはじけんばかりの笑顔で語る小日向。とにかくサモンがかわいくてしょうがなかったようで「自分の家でも“きなこ”という名前のトイプードルを飼っているのですが、撮影中はサモンのことで頭がいっぱいで、きなこのことは思い出しませんでした。これって浮気なんですかね」とおどけてみせると、ドッグトレーナの北村氏は「(映像作品では)役者さんが犬に歩み寄ってくれないといい関係は築けないのですが、小日向さんは完璧でした」と絶賛。そのことを証明するかのように、あいさつ中、終始小日向は、サモンをなでたり、鼻面を合わせたりとコミュニケーションをとっていた。

[PR]

 またサモンに首ったけだったのは小日向だけではなく、撮影中は出演者みんなで取り合いだったとのこと。息子役の矢部は、カメラが回ってないときも、ずっとサモンと遊んでいたようで、母親役のちはるから裏に呼び出され「少しは休ませてあげなよ!」と怒られ「怖かった」と暴露する場面も。そんな矢部も「将来はパパ(小日向)みたいにいろいろな役ができる俳優になりたい。パパみたいに優しい人になりたいです」と笑顔で語ると、笑顔の小日向の顔はさらにくしゃくしゃに崩れた。

 最後に亀井監督が「テーマは笑顔、無理やり感動させたりするのではなく、自然体で笑顔になる映画を目指しました。一人でも多くの人に観ていただければ」と作品をアピールすると、場内からは大きな拍手が巻き起こった。

 本作は映画『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』の亀井亨監督が贈るハートウオーミングな動物物語。犬飼という名前でありながら犬が苦手な主人公・保(小日向文世)が、子どもや奥さんのために犬嫌いを克服しようと奮闘する中、家族や犬とのきずなを深めていく、笑えて感動するストーリーだ。(磯部正和)

映画『犬飼さんちの犬』はシネマスクエアとうきゅうほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]