Berryz工房&℃-ute総出演!人気ケータイ小説「王様ゲーム」映画化で熊井友理奈と鈴木愛理がW主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
W主演を務める熊井友理奈(上)と鈴木愛理(下) - (C)映画「王様ゲーム」製作委員会

 人気ケータイ小説を実写化した映画『王様ゲーム』で、Berryz工房・熊井友理奈と℃-ute・鈴木愛理がW主演を務めることが明らかになった。今冬に公開が予定されている本作には、2人のみならず、両グループのメンバーが総出演。この冬一番のアイドル・ムービーになることは間違いなさそうだ。

 映画『王様ゲーム』は、金沢伸明の人気ケータイ小説を実写映画化したサスペンス・ホラー。主人公の女子高生・本多智恵美をBerryz工房・熊井が演じる一方で、謎めいた雰囲気を持つクラスメイト・岩村莉愛には℃-ute・鈴木と、グループの枠を超えたコラボレーションが実現した。今回W主演となる2人は、これが初共演。「ものすごくプレッシャーを感じています」と告白した熊井は、2003年の映画『ほたるの星』以来の映画出演ということもあり、「カメラの前に立つことの緊張感もすごくあります。コンサートや舞台と違い、映画は、カメラの前での演技ということで、その違いに戸惑いながら、日々、みなさんに支えてもらいながら頑張りました」とチーム一体となって、本作をつくり上げたことを明かした。

 一方の鈴木は現在、映画『ヴァンパイア・ストーリーズ BROTHERS』が公開待機中であるなど、最近女優業に意欲を見せているだけに、本作での役柄についても「演じた岩村莉愛は原作では謎めいたキャラクターだと聞いていたので、監督や原作者の方々に細かい表情や独特な話し方などがどういう感じなのかを聞きながら、役づくりを頑張りました」と演技の幅を広げるきっかけとなった様子。「ケータイ刑事(デカ)」シリーズなど、アイドルが出演しているドラマを多く手掛けているプロデューサーの丹羽多聞アンドリウは、2人を主演に抜てきした理由については「独特な存在感」と明かしており、そのかいあってか、「学園ホラーの傑作が誕生したと言っても過言でないと思います」と出来栄えには自信を持っているようだ。

[PR]

 また、本作には熊井の所属するBerryz工房と、鈴木の℃-uteのメンバーが総出演。見知らぬ「王様」からの命令に翻弄(ほんろう)され、徐々に分裂していくクラスの様子は、実際にライバルである2つのアイドルグループのメンバーが参加することで、よりリアルな仕上がりに。だが作品内のギスギスした雰囲気とは反対に、同年代が多い現場は終始和やかだったようで、熊井も「良い刺激をみんなからもらいました」と演技にプラスに働いた様子だ。今年は舞台やコンサートでもコラボの続くBerryz工房と℃-uteだけに、本作でも抜群のコンビネーションを発揮している。

 映画『王様ゲーム』は、書籍化・コミックス化されている人気ケータイ小説の映画化作品。「ほんとにあった怖い話」などの演出・監督を務めている鶴田法男監督が、徹底的にリアルにこだわってつくり上げた学園サスペンス・ホラーだ。「王様」と名乗る人物からメールで送られてきた指令がエスカレートしていき、徐々にクラスの雰囲気が険悪になっていくあたりの展開はまさに秀逸の一言。Berryz工房と℃-uteの先輩にあたる元モーニング娘。の吉澤ひとみも出演している。(編集部・福田麗)

映画『王様ゲーム』は今冬公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]