『トランスフォーマー』3部作の完結編公開!6年を振り返り感無量…主演シャイア・ラブーフと監督マイケル・ベイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シャイア・ラブーフとマイケル・ベイ

 16日、大阪市の大阪ステーションシネマにて、映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の来日イベントの最後を飾る、「ジャパンプレミア in 大阪」舞台あいさつが行われ、シャイア・ラブーフロージー・ハンティントン=ホワイトリー、そしてマイケル・ベイ監督が集まったファンの前に登場し、シリーズファンへの感謝を語った。

映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』写真ギャラリー

 この日、午前中の記者会見から、休む間もないメディア取材に大阪市役所前でのレッドカーペットイベントなど、精力的なPR活動をこなしていた3人。しかし、映画を観るファンの前に直接姿を見せるとあってか、少しも疲れた様子を少しも見せず、劇場の入場口から表れ、通路を埋めるファンの握手に応えながら、ステージに登壇した。

[PR]

 ベイ監督は、女性ファンから手わたされた2つの花束を掲げ、「2人のガールフレンドが日本にできたよ」とご満悦。「日本のファンは本当に素晴らしい、僕の映画をささえてくれて、本当に感謝しているよ!」と日本のファンに直接メッセージを伝えられたことに、心から喜んでいるようだった。

 また、これまでのシリーズでの思い出を聞かれたシャイアも、「マイケルに会ったころは、背も低い、やせっぽっちだけどアクション映画に出たいと参加したいただの俳優だった」と感慨深げに語り、「マイケルのおかげで、世界に紹介してもらって、キャリアも助けられた。本当に感謝しているよ」とベイ監督への感謝の気持ちを語った。また、6年をかけた3部作の完結編となる本作について「シリーズの中でも、最もストーリーもビジュアルも最高」と語る監督も、「血と涙と汗の結晶のような作品」と作品に自信を見せ、シャイアを見ながら「君にも叫んだりどなったりもしたね」とシャイアとの友情を確かめるかのように撮影を振り返った。

 退場時、シャイア、ロージー、ベイ監督は、サインや握手を求めるファンのリクエストに最後までこたえ続け、1日だけの強行スケジュールとなった来日イベントの最後を飾る舞台あいさつは、シリーズファンとシャイアたちの笑顔に包まれた、最高の形で終了した。(編集部・入倉功一)

映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は7月29日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]