シュワちゃんが離婚申請書を訂正 妻マリアの要求にすべて応じることに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アーノルド・シュワルツェネッガー - Jason Merritt / Getty Images

 妻マリア・シュライヴァーの離婚条件のうち、配偶者扶養費の支払いと離婚にかかる裁判費用の支払いを拒否したと言われていたアーノルド・シュワルツェネッガーだが、内容を読まずにサインをしていたことが明らかになった。

アーノルド・シュワルツェネッガー出演映画『エクスペンダブルズ』場面写真

 離婚条件をだまって受け入れると思われていただけに、これらの支払いを拒否したアーノルド・シュワルツェネッガーの株はさらに下がったと報じられたが、シュワちゃんにそのつもりはなかったらしい。弁護士を信頼していた上、息子がケガをしてICU(集中治療室)に入院する騒ぎの中、書類を渡されたため、中身を確認せずにサインをしてしまったとのこと。

 書類の内容を知ったシュワちゃんは、すぐに訂正をした離婚申請書を提出。マリアの要求には何の異議も申し立てていないとTMZは報じている。マリアはシュワちゃんが配偶者扶養費と弁護士費用の支払いを拒否したとの書類を息子の入院と同時に受け取ったらしく、相当なショックだったと思われる。しかし、二人は息子のため、一緒に病院に出入り姿などが報じられており、メディアで騒がれる前に事態は話し合いがついていたのかもしれない。タイミングといい、書類の内容といい、シュワちゃんは弁護士を変えるのが賢明だろう。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]