東映、24年ぶりの洋画配給に気合の新レーベル発足!すでにアジアのみならずヨーロッパなどからもオファーが殺到中!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
気合十分!-左から相原晃映画宣伝部長、鈴木英夫国際営業部長、菅原史映画営業部映画営業室室長代理

 11日、東映株式会社本社で、外国映画配給の新レーベル「TOEI TRY△NGLE」(以下、東映トライアングル)発足会見が行われ、新レーベルでの配給に、すでにアジアのみならずヨーロッパなどからもオファーが殺到中であることが明かされた。

映画『アジョシ』場面写真

 1987年公開の『七福星』以来、24年ぶりに洋画配給を決めた東映。その第1弾作品はウォンビン主演の韓国映画『アジョシ』、第2弾作品としてジャッキー・チェン主演の『1911』を配給することが発表された。『楢山節考』『バトル・ロワイアル』など、過去50余年にわたる海外セールスを通じて、東宝、松竹と並ぶ日本の三大配給会社の地位を築いてきた東映。大映が倒産し、日活が一般映画からロマンポルノにシフトするなど、邦画が斜陽産業と呼ばれていた時代、1972年から1987年にかけて、東映は『ドランク・モンキー/酔拳』『死霊のえじき』『隣の女』『ディープ・スロート』『流されて…』といった26本の洋画作品の買い付け、配給・上映を行ってきた歴史がある。

[PR]

 本年は、東日本大震災の影響もあってか、上半期の興収は前年比割れを記録しており、さらに3Dの影響で昨年同様、洋画の興行収入が邦画の興行収入を上回っているという時期。この日会見に出席した鈴木英夫国際営業部長は「確かに今年は動員が落ちていますが、映画の力、魅力は今も昔も変わらないと確信を持っています。あくまで個人的な意見ですが、毎月、最低1本は自信を持っておすすめできるラインナップがそろえられたらいいなと思っております」と説明。本レーベルは、正月、ゴールデンウイーク、夏といった繁忙期に毎年上映している『仮面ライダー』シリーズなど、東映の鉄板作品の合間に上映する作品を補足する位置付けになるという。

 鈴木部長は、今回、この2本が選ばれた背景には「縁」と「信頼」があると語る。通常の洋画買い付けの場合は、バイヤーたちが海外映画祭などに出向き、買い付けをすることが常となるが、この2本の場合は違ったという。『アジョシ』の場合は、本作の日本における配給権を持っていたユナイテッドピクチャーズの担当者と、東映の担当者とが、東映作品の海外セールスの際に協力体制をとっていたところ、昨年度の韓国ナンバー1ヒット作である『アジョシ』をやってみないか、という話になったという。一方の『1911』は、年間2本しか中国で上映されないという日本映画の現状の中で何とか中国で東映作品が上映できないかと、中国でシネコンを14サイトほど経営しているジャッキーに相談していたという縁から、本作の配給が決定したとのこと。

 鈴木部長によると「『1911』はベニス、釜山、トロント、ローマといった映画祭がオープニング作品としてどうかという話があったといいます。でもジャッキーは東日本大震災で日本のことを心配してくれて日本にかけてくれた。それが東京国際映画祭のオープニングにつながった」と本レーベル、そして日本にかけるジャッキーの熱い思いを代弁した。

 現在、本レーベルは世界で注目を集めており、アジアのみならずヨーロッパなどからもオファーが殺到し、すでに条件交渉の段階に入っている作品もあるという。その中で全国100館規模以上で公開できる作品を模索していきたいとのこと。将来的には海外と共同で映画を製作し、「東映トライアングル」レーベルで配給したいと語る鈴木部長。「これはたわごととして聞いていただきたいですが、弊社のキャラクターがジャッキーと共演することもあるかもしれません。また、弊社の映画のアジア版、ハリウッド版などを上映することもあるかもしれません。これは奇想天外と言われるかもしれませんが、これからは新しいことにチャレンジしていかないと」と新レーベル発足に向けた意気込みを語った。(取材・文:壬生智裕)

映画『アジョシ』は9月17日より全国公開
映画『1911』は11月5日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]