戸田恵子、被災地での子ども向け上映活動の継続を宣言!気仙沼出身のマギー審司も「風化してしまうのが怖い」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実行委員長の戸田恵子とスペシャルゲストの中山秀征

 12日、千代田区の日比谷公会堂で19回キンダー・フィルム・フェスティバルのオープニングセレモニーが開催され、岩手県や福島県で子ども向け映画の上映活動を続けてきた映画祭実行委員長の戸田恵子が、さらなる被災地支援を続行することを宣言した。この日はほかに、中山秀征山寺宏一内田恭子ジョン・カビラ佐久間レイ水谷ゆうマギー審司たちが出席した。

 日本唯一となる子どもたちのための世界映画祭である本映画祭も今年でいよいよ19回目。期間中は、アニメや実写など、世界各国の良質な子ども向け作品が数多く上映される。登壇した戸田は「おかげさまで、映画祭も今回で19回目を迎えることができました。今年も子ども目線で作られた、よりすぐりの映画を用意しています」とあいさつ。会場に集まったたくさんの子どもたちもニコニコと笑顔で戸田を見つめていた。

 本映画祭の目玉は、ライブ・シネマ上映。これは洋画などのオリジナル音声を流したまま、スクリーン横のステージに並んだ声優・俳優たちがリアルタイムで日本語吹き替えを行うというもので、スクリーン上の映画と、セリフの吹き替え風景が同時に楽しめるアトラクション的な上映となっている、ゲストで登場した中山は楽しそうな子どもたちの姿を見て、「盛り上がっていますね~。皆さんに耳を大きくして聞いてもらいたい」とネタを振ると、マギーの持ちネタである大きな耳の小道具が飛び出し、子どもたちも大笑いだった。

[PR]

 実はこのライブ上映会、今年のゴールデンウィークには岩手県で、さらに7月には福島県でと計2県8か所でキャラバン上映が行われている。そこでは戸田が声優を担当する「きかんしゃトーマス」の世界初のライブ上映が行われるなど、子どもたちだけでなく大人たちも楽しめる上映会と大盛況だった。戸田は「被災地に行ってみて、本当に映画には力があるんだなと思いました。(映画祭で上映される作品も)ハートウォーミングな気持ちになれる作品ばかりなので、楽しんでいってください」と会場の子どもたちに呼びかけた。

 さらに、この日出席したマギーは気仙沼市出身。「避難所はひと通り回りましたけど、改めて思うのが、皆さん本当に元気なんですよね。行くと逆にパワーをもらえます。だからこそ、このまま風化してしまうのが怖いですね」と心配そうな顔を見せると、戸田も「これからも継続して上映活動を続けたいですね」とこれからの活動に対する意気込みを語った。

 この日、ライブ・シネマで吹き替え上映されたのは、戦争という現実を子ども目線で描いたノルウェー映画『マレーネとフロリアン』、そしてはみだしっ子の子ガモの成長を描いたイギリス映画『ショーンの冒険』、ケストナーの絵本を映画化した『どうぶつ会議』の3本。映画『マレーネとフロリアン』のライブ・シネマ吹き替え上映に参加した中山は「リハのときから本番まで緊張感があって、今も変な汗が出ています。なかなかない緊張感をありがとうございます」と心境を明かしたものの、会場の子どもたちはすっかり物語の世界にのめりこんでいた。きっと子どもたちにとってもいい夏休みの思い出になったに違いない。(取材・文:壬生智裕)

第19回キンダー・フィルム・フェスティバルは、8月12、13日は日比谷公会堂にて、8月18~21日は調布市文化会館にて開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]