関ジャニ∞、24時間テレビメインパーソナリティーを務め上げ達成感!募金総額は2億4,309万1,607円に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今年で34回目を迎えた24時間テレビ

 今年で34回目を迎えた「24時間テレビ34 愛は地球を救う」でメインパーソナリティーを務めた関ジャニ∞のメンバー横山裕渋谷すばる村上信五丸山隆平安田章大錦戸亮大倉忠義の7名が番組終了後、大役を果たした感想をさわやなか笑顔で語った。

 徳光和夫の歴代最年長チャリティーマラソンゴールで幕を閉じた今年の24時間テレビ。場内の興奮覚めやらぬなか、報道陣の前に登場した関ジャニ∞のメンバーたちは、24時間という長丁場だったため、さすがに疲労がうかがえるものの、表情は晴れ晴れとしている。「充実感と達成感でいっぱい」と村上が感慨深く語ると、錦戸や大倉も「(ぼくたちを)いろいろな感情にしてくれた」と追随。横山は「(メインパーソナリティーが発表になってから)8か月間ずっと(24時間テレビのことは)頭の片隅から離れなかったので、無事に終わってほっとしている」と心情を吐露。渋谷は「疲労感、強烈な眠気、足腰の痛み……そんなものが、達成感とあいまってすごく気持ちいい」と独特な表現で今年の24時間テレビを振り返った。

 また、70歳という年齢で63.2キロを完走した徳光を武道館で迎えたときの瞬間を「すごいとしかいいようがない」(村上)「みんなに慕われて……自分もこういう70歳になりたいと思った」(丸山)「(最後は笑顔で)すごい人は苦労を見せない」(大倉)「圧倒されっぱなしだった」(横山)と長年24時間テレビのパーソナリティーを務めてきた大先輩を、独特の表現でねぎらった。

 メンバーが「この番組に参加できたことに感謝しています」と口をそろえて語った今年の24時間テレビ。番組放送中に集まった募金総額は2億4,309万1,607円。東日本大震災への支援を中心とした災害支援や福祉車両、身体障害者補助犬の普及支援などに使われる。(磯部正和)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]