クリスチャン・ベイル、次回作はイーストウッド最新作?それともリメイク版『オールド・ボーイ』に?現在は『バットマン』に集中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オファーが多数来ているクリスチャン・ベイル

 映画『ダークナイト ライジング』を撮影中のクリスチャン・ベイルの次回作に、クリント・イーストウッド監督最新作と、韓国映画『オールド・ボーイ』のハリウッド・リメイクが浮上しているとバラエティー誌が報じている。ほかにも映画『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督や『クレイジー・ハート』のスコット・クーパー監督がオファーを出している状態だという。

クリスチャン・ベイル出演映画『ザ・ファイター』場面写真

 映画『ダークナイト』といった大作・話題作に出演する一方で、『ザ・ファイター』ではアカデミー賞助演男優賞を獲得するなど、興行的、批評的に成功している俳優の一人として数えられているクリスチャン・ベイル。それだけに有名監督からのオファーも多く、バラエティー誌によると、現時点に限っても、イーストウッド監督がビヨンセを主演に迎えて制作する『スタア誕生』のリメイクのほか、スパイク・リーが監督を務めることが発表された韓国映画『オールド・ボーイ』のハリウッド・リメイク、ダーレン・アロノフスキー監督がノアの方舟をモチーフにした新作『ノア(原題)/Noah』、さらにはスコット・クーパー最新作への出演オファーが来ている様子。まさに売れっ子俳優として引く手あまたの状態だ。

 その一方で、『ダークナイト ライジング』の撮影は今年11月までは続く予定であり、ベイルのスケジュールが空くのは来年に入ってからの話になりそう。現時点では次回作が決まったという話は聞かないが、気に入った作品のオファーしか受けないことで知られるベイルだけに、上記のどの作品に出演するのか。多くの映画ファンが注目している。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]