『最終絶叫計画』のキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督、旅行キャンセル代の未払い訴訟で敗訴

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督 - Vallery Jean / FilmMagic / Getty Images

 映画『最終絶叫計画』『最‘新’絶叫計画』のキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督が旅行代理店との訴訟で敗訴した。

 WENNによると、キーネンは今年1月に旅行代理店を通じて南アメリカ旅行を予約したものの、数週間後にキャンセル。無料でキャンセルできる14日以内を過ぎていたため、違約金として5,105ドル(約38万8000円)の支払いを旅行代理店は請求したという。しかし、キーネンが代金を支払わなかったため、旅行代理店は訴訟を起こし、先週初めに判決が言い渡されたとのこと。TMZによるとビバリーヒルズ裁判所の裁判官はキーネンに違約金の支払いを命じ、監督は敗訴した形となった。

 違約金のパーセンテージについては代理店によって異なるため、実際はいくらの旅行代金だったかは不明だが、どちらにしても行けなかった旅行としては高くついてしまったようだ。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]