新作『スーパーマン』母親ララ役がジュリア・オーモンドからアイェレット・ゾラーに変更

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アイェレット・ゾラー

 ザック・スナイダー監督がメガホンを取るスーパーマンの新作映画『マン・オブ・スティール(原題) / Man of Steel』のキャスティングに変更があったという。

 スラッシュフィルム.comによると、スーパーマンの実の母親ララ役はジュリア・オーモンドが出演交渉をしていたが、ここにきてアイェレット・ゾラーがキャスティングされたとのこと。アイェレットは、映画『天使と悪魔』でトム・ハンクス演じるロバート・ラングドンと一緒に盗まれた反物質を探す科学者ヴィットリア・ヴェトラ役で知られる。出演確実と言われていたジュリアがなぜ起用されなかったのかは明らかではない。

 オリジナル版でマーロン・ブランドが演じたスーパーマンの父親ジョー=エル役にはラッセル・クロウが決まっており、ほかにはエイミー・アダムスケヴィン・コスナーダイアン・レインマイケル・シャノンなどが出演。デッドラインによると映画の撮影はすでに始まっており、アイェレットのシーンは今週から撮影されるという。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]