『三銃士』のクリストフ・ヴァルツ、乗馬レッスン中に落馬して骨盤骨を脱臼

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリストフ・ヴァルツ - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のクリストフ・ヴァルツクエンティン・タランティーノ監督の新作映画の準備中にケガを負ったという。

クリストフ・ヴァルツ出演映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』場面写真

 クリストフは映画『ジャンゴ・アンチェインド(原題) / Django Unchained』の役作りのため乗馬の練習中に落馬。骨盤骨を脱臼するケガで、予定していたニューヨーク映画祭でのプロモーション活動を欠席するほどだったらしい。スポークスマンによると、現在も治療を受けているらしいが、また馬に乗るのを楽しみにしているとのこと。クリストフのケガによる撮影スケジュールの変更はないとE!オンラインは報じている。

 同映画にはレオナルド・ディカプリオジェイミー・フォックスサミュエル・L・ジャクソンらも出演しているが、先日、ケヴィン・コスナーがスケジュールの都合で降板を発表している。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]