『トロン:レガシー』のオリヴィア・ワイルド、離婚が成立!19歳で結婚したイタリア王室の血を引く夫と

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
離婚が成立したと報じられたタオ・ラスポリ氏とオリヴィア・ワイルド - Todd Williamson / Getty Images

 映画『トロン:レガシー』、テレビドラマ「Dr.HOUSE -ドクター・ハウス-」のオリヴィア・ワイルドと夫タオ・ラスポリ氏との離婚が成立したという。

オリヴィア・ワイルド出演映画『スリーデイズ』写真ギャラリー

 オリヴィアは18歳のときにイタリア王室の血を引くタオ氏と知り合い、半年後に19歳でほぼ駆け落ち状態で結婚。今年2月に結婚8年目で別居を発表し、翌月にはオリヴィアが離婚を申請していた。「別れはオリヴィアの判断です。あまりにも若くして結婚し、それから彼女自身も成長したんです」と関係者は別居時にUsマガジンにコメントしていたが、タオ氏は復縁を望んでいただけに離婚申請にショックを受けていたとも報じられている。

 ピープル誌によると、オリヴィアは配偶者扶養費は要求せず、資産の分配もプライベートで話し合って決めたため、スムーズに離婚が成立した模様。「離婚、別れのトラウマはみじめなもの。人生で初めて脚がふらついている気分よ」とオリヴィアはマリ・クレール誌のインタビューで語っている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]