三谷幸喜、生誕50周年映画祭で初めて帝劇に進出!深津絵里、竹内結子、綾瀬はるか、役所広司…日本を代表する豪華俳優14名が勢ぞろい!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
そうそうたる面々が出席した三谷幸喜生誕50周年記念大感謝映画祭 - 前列左より深津絵里、佐藤浩市、三谷幸喜、役所広司、西田敏行 中列左より伊東四朗、竹内結子、妻夫木聡、綾瀬はるか、小日向文世、後列左より木下隆行(TKO)、山本亘、浅野和之、近藤芳正、伊吹吾郎

 11日、東京・帝国劇場にて「三谷幸喜生誕50周年記念大感謝映画祭」が開催され、三谷幸喜監督のほか、深津絵里や西田敏行など、三谷作品の出演したキャスト14名が勢ぞろいし、レッドカーペットイベントや館内大階段で野田内閣よろしく三谷内閣発足のフォトセッションを行った。舞台あいさつでは、三谷自身がバースデーケーキに頭を突っ込むなどして、大いに会場を沸かせた。

映画『ステキな金縛り』写真ギャラリー

 この日、帝国劇場では三谷幸喜の生誕50周年を記念し、最新作『ステキな金縛り』のほか、『ザ・マジックアワー』『THE有頂天ホテル』の上映会を行うと共に、それぞれの作品に出演した深津絵里、西田敏行、竹内結子、木下隆行(TKO)、浅野和之、山本亘、役所広司、近藤芳正、伊東四朗、佐藤浩市、妻夫木聡、綾瀬はるか、小日向文世、伊吹吾郎が勢ぞろいし、会場は大きな興奮に包まれた。

[PR]

 中でもひときわ注目を集めていたのが、シックな衣装に身を包んだ女優陣。『ザ・マジックアワー』に出演した綾瀬は「生誕50周年おめでとうございます。当時は最年少だったので、いろいろと熱い指導を受けさせていただきました。いつも本番でなかなかOKが出ずにドキドキした現場でした」とにこやかに撮影を振り返った。一方、今回の『ステキな金縛り』が三谷映画初参加となる竹内は「今日レッドカーペットの上を歩いている三谷さんを見ると、どこの首相だろうとちょっとポカーンとしてしまいました」とリップサービスで笑わせ、水玉模様のシースルーのワンピースで登場した深津も「これからも三谷さんだけにしか思いつかない、三谷さんならではの作品を作り続けてください」とエールを送った。

 ほかにも集まったキャストから賞賛や「台本が遅い」などと明かされながらも上機嫌の三谷監督は「まだ到達点とは思っていません。まだ通過点だと思っています。この50年の蓄積をふまえて次の50年で花開き、さらに次の50年で歴史に名を残す。長寿として。それが僕の願望です」と三谷節全開。さらに、バースデーケーキも登場し、「来年また51周年で会いましょう!」と高々と宣言すると、すかさず佐藤が「調子に乗ってんじゃねえぞ」と三谷の顔をケーキに押し込み、観客を爆笑させていた。

 映画『ステキな金縛り』は、『ザ・マジックアワー』の三谷幸喜監督と深津絵里が再びタッグを組み、痛快なドタバタ劇に挑戦した法廷ミステリー。ある殺人事件の弁護を依頼されたダメ弁護士が、落ち武者の幽霊を証言台に立たせようと四苦八苦する姿を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『ステキな金縛り』は10月29日より全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]