ブラッド・ピットの新作撮影現場をSWATが強制捜査!本物の銃と実弾を押収

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ワールド・ウォー・Z(原題) / World War Z』を撮影中のブラッド・ピット - Jeff J Mitchell / Getty Images

 ブラッド・ピットの新作映画『ワールド・ウォー・Z(原題) / World War Z』の撮影現場でSWAT(特別機動隊)が強制捜査に入ったという。

ブラッド・ピットの新作の一つ『マネーボール』場面写真

 ゴシップサイトX17によると、SWATチームは同映画用の小道具が収納されていたブダペストの倉庫を捜索。中からAK-47、スナイパーライフルなどを含む85点の武器を押収したという。ほとんどが軍用の自動ライフルで、すべて実弾が入っていたというから驚きだ。

 実弾をこめた武器を映画のセットで使うなど、「いつ大惨事が起きてもおかしくない」と警察のスポークスマンは同サイトにコメント。Usマガジン.comによると、これらの銃については「機能しない状態」と提出書類に書かれていたらしいが問題なく使える状態だったという。ハンガリーのテロ対策チームの責任者は、映画の小道具で使用する目的であったとしてもこのような銃を移送すること自体が違法だと言っており、なぜ大量の本物の武器が映画セットにあったかを捜査中だという。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]