松田翔太、主演バイオレンス映画に「あんまり良くないと思ったら出ちゃってもかまわない」と上映前に発言!

第24回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“オレ流”のかっこよさを見せた松田翔太

 現在開催中の第24回東京国際映画祭で映画『ハードロマンチッカー』が特別招待作品として26日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、主演の松田翔太永山絢斗遠藤要渡部篤郎グ・スーヨン監督、主題歌を担当する黒夢清春人時が登壇し舞台あいさつを行った。松田は観客席に向かって「女性の方が多いですけど、『あんまり良くないな』と思ったら出ちゃってもかまいません(笑)。バイオレンスを感じてください」とユーモラスに語りかけて会場を沸かせた。

映画『ハードロマンチッカー』場面写真

 山口県の下関を舞台に、松田演じる在日韓国人2世で高校中退のフリーター・グーをはじめとする人々が、暴力がはびこる日常で、泥くさい友情や愛情にまみれながら生きていく姿を描く本作。自身のアイデアで髪を渋い金色に染め上げて撮影にのぞんだという松田は、この日は黒髪を後ろで無造作に束ねた姿で登場。「在日韓国人という役ですが、そういうメッセージを強く主張しているわけではなく、主人公が社会的に何かを伝えようと反抗しているわけでもない。ただ単純に、暴力的な描写を使った芸術を作ろう、こういう作品を世に出そう、という思いがあったので参加しました」と今作に出演した理由を明かした。

[PR]

 一方、松田ふんするグーの後輩・辰を演じた永山は「台本には、10代のころの煮え切らない、もんもんとした言葉では言えない空気感がありました。このような最近ではあまり見ない、男くさいかっこいい映画に参加できてうれしく思います」と充実した表情。また、下関署の刑事・藤田を演じた渡部は「わたしの役は、唯一のマトモな役(笑)。暴力が日常となっている世界の映画だけど、若者たちが暴力だけではない繊細さを見事に表現しています。そのへんを感じとっていただけたら」とベテラン俳優らしく、若手キャストたちの健闘を称えていた。

 そしてキャストのあいさつの後、今回初めて映画の主題歌を手掛けた黒夢の二人が登場。ファンの女性から黄色い歓声を浴びたメンバーの清春は「初めて手掛けた作品が、かっこいい映画で良かったです」と今作に参加した喜びを語っていた。

 『ハードロマンチッカー』は、2003年の監督デビュー映画『偶然にも最悪な少年』で自身の小説を映像化したグ・スーヨン監督が、半自伝的なデビュー小説を映画化したバイオレンス作品。柄本時生金子ノブアキ石垣佑磨白竜真木蔵人渡辺大中村獅童淡路恵子芦名星真木よう子ら豪華キャストが脇を固めている。(古河優)

映画『ハードロマンチッカー』は11月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]